コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワアイサ Mergus merganser; common merganser

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カワアイサ
Mergus merganser; common merganser

カモ目カモ科。ウミアイサよりも大きく,全長 65cm。雄は頭頸部が緑黒色,は白色と黒色,背は黒く腰と尾は灰色,胸腹部は白色。雌は頭頸部が褐色で短い冠羽(→羽冠)がある。背面は灰褐色,胸腹部は白色。ヨーロッパから中央アジア東アジアにかけての地域と,北アメリカに広く分布する。日本には冬鳥(→渡り鳥)として湖沼や河川に渡来するほか,北海道で少数が繁殖している。は合わせ目の縁がこの仲間の特徴である鋸歯状になっていて,魚をとりやすくなっている。(→ガンカモ類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カワアイサ
かわあいさ / 川秋沙
goosander
[学]Mergus merganser

鳥綱カモ目カモ科の鳥。ユーラシア北部、北アメリカ、中近東からチベットさらに中国西部にかけての3地域に3亜種がある。全長は雄で約70センチメートル、雌では約60センチメートルである。潜水魚食性のアイサ類中の最大種で淡水湖を好み、日本にも越冬のため渡来する。[黒田長久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカワアイサの言及

【アイサ(秋沙)】より

… 日本には次の3種が分布している。カワアイサM.merganserは全長,雄は約71cm,雌は約61cm。ユーラシア大陸,北アメリカの亜寒帯以北で繁殖し,冬季にはヨーロッパ南部,アジア南部,アメリカ合衆国南部へ渡る。…

※「カワアイサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カワアイサの関連キーワード黒田長久秋沙

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カワアイサの関連情報