コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワネズミ Chimarrogale platycephala; water shrew

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カワネズミ
Chimarrogale platycephala; water shrew

食虫目トガリネズミ科。体長 13.5cm。体は黒茶色。尾は長く,耳は小さい。手足の指の側方にはあらい毛が密生し,これが蹼 (みずかき) のような役目を果す。体毛下毛が多く,水生に適応している。泳ぎはうまく,水中で魚類,カニ,水生昆虫類などを採食する。東南アジア,日本 (北海道を除く) に分布し,水の豊富な山地の川にすむ。ときに養殖マスなどを食害することがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カワネズミ
かわねずみ / 河鼠
Himalayan water shrew
[学]Chimarrogale himalayica

哺乳(ほにゅう)綱食虫目トガリネズミ科の動物。ヒマラヤ、ミャンマー(ビルマ)、インドシナ半島、中国南部、台湾、日本に分布する。日本では本州、四国、九州の山地渓流に生息する。頭胴長10~13センチメートル、尾長9.4~10.5センチメートル。尾の先端部下面にやや長い毛の房があり、手足の指の両側には水かきの役目をもつ剛毛がある。耳は7~8ミリメートルで、ほとんど毛の中に隠れる。背面は黒褐色で、下面は褐色を帯びた灰色、または黄色を帯びた白色。体毛は柔らかく、長い白色毛が疎生する。歯式は

で28本。泳ぎや潜水がうまく、水の中では毛の間の空気層のために体が銀色にみえる。水生昆虫、ヒル、カニ、エビ、小魚類を食べ、養魚池の小魚を食害することがある。水辺の崖(がけ)の土中や岩の下などに、広葉樹の葉で巣をつくり、主として春に3頭前後の子を産む。長いものでは2、3年の寿命があると思われる。[阿部 永]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カワネズミの関連キーワードミズトガリネズミ(水尖鼠)ブレーキストン線ミズトガリネズミマダガスカル氷河時代テンレクデスマン食虫類阿部

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カワネズミの関連情報