コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンテツ(肝蛭) カンテツ

2件 の用語解説(カンテツ(肝蛭)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カンテツ(肝蛭)【カンテツ】

葉状の3cmにもなる大型のキュウチュウ類で,主として牛,ヤギなど草食獣の肝臓に寄生する。ヒトにもときに寄生し,重症になると肝硬変を起こす。中間宿主ヒメモノアラガイで,これから出る幼虫(セルカリア)が水草などに付着して被嚢幼虫(メタセルカリア)となり,これが口などから感染する。
→関連項目モノアラガイ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カンテツ【カンテツ(肝蛭) liver fluke】

扁形動物吸虫綱の蛭状吸虫科に属する寄生虫の1種。日本に分布するものは,形態学上ヨーロッパオーストラリアに分布するカンテツFasciola hepaticaおよびアジア,アフリカ,ハワイなどに分布するキョダイ(巨大)カンテツF.giganticaの中間型に属する。ウシ,ヒツジ,ヤギなどの草食獣に多くみられるが,ヒトにも寄生する。虫体は体長20~30mm,体幅8~13mmにも達し,葉状をしているが,口吸盤の部分が突出して円錐状になっているのが特徴である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のカンテツ(肝蛭)の言及

【幼生生殖】より

…幼生でありながら体内で卵が成熟し,単為生殖を行って新個体を生じること。寄生性のタマバエやカンテツの幼生にその例が知られている。扁形動物の吸虫類に属するカンテツのミラキディウム幼生は,水中を泳いでいる間に中間宿主であるモノアラガイの体内に入り,スポロシスト幼生となる。…

※「カンテツ(肝蛭)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

カンテツ(肝蛭)の関連キーワードアゲマキガイウミニナスガイ検地竿ネピアグラス浅間山ラジオ波熱凝固療法肝がん鉢のサイズアカウニ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone