コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンピドリオ広場 カンピドリオひろば Piazza del Campidoglio

5件 の用語解説(カンピドリオ広場の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンピドリオ広場
カンピドリオひろば
Piazza del Campidoglio

ローマのカピトリーノの丘にある広場。 1538年頃ミケランジェロによって設計着工され,のちに G.デラ・ポルタによって一部変更されて 90年頃に完成した。広場に通じる幅広い階段を登りつめると,両側にディオスクロイ (ゼウス神の双生児) の彫像が立ち,梯形をなす広場の中央には『マルクスアウレリウス騎馬像』があり,広場を囲んで正面にパラッツォ・セナトリオ,両側にパラッツォ・ディ・コンセルバトーリおよびカピトリーノ美術館が建っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カンピドリオ‐ひろば【カンピドリオ広場】

Piazza del Campidoglio》イタリアの首都ローマにある広場。ローマの七丘の一で最も高いカンピドリオの丘に位置する。古代ローマの中心地として最高神ユピテルユノーミネルバの神殿が置かれた。現在の広場は16世紀半ばにミケランジェロの設計で造られた。広場中央にローマ皇帝マルクス=アウレリウス=アントニヌスの彫像がある。周囲の建物は、建築家ジローラモ=ライナルディとジャコモ=デッラ=ポルタが、ミケランジェロの死後にその構想を受け継ぎ、16世紀後半から17世紀初頭にかけて建造した。カピトリーノ広場

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

カンピドリオひろば【カンピドリオ広場】

〔Campidoglio〕 ローマ市のカンピドリオ丘の上にある広場。ミケランジェロの設計で、一六世紀中頃建設。三方を市庁舎・美術館などが囲み、中央にローマ皇帝像の立つ古典的な広場。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

カンピドリオひろば【カンピドリオ広場】

イタリアの首都ローマのフォロ・ロマーノ(古代ローマ遺跡地区)近く、ローマの7つの丘の一つ、ガンピドリオの丘の頂上にある広場。◇「カピトリーノ(Capitolino)広場」とも呼ばれるルネサンス期にミケランジェロが設計した広場で、広場正面にローマ市庁舎があり、その左右にカピトリーノ博物館美術館)、博物館となっているコンセルヴァトーリ宮殿が、広場中央にはミケランジェロの作品であるマルクス・アウレリウス帝の騎馬像が建っている。ここは古代ローマ時代のローマの中心で、ジュピター神殿をはじめ、25の神殿が取り巻いていた。丘の麓にはヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂のあるベネチア広場がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンピドリオ広場
かんぴどりおひろば
Piazza del Campidoglio

ローマのカンピドリオの丘にある小広場。ミケランジェロの設計によって有名。この場所には、古代ローマの記録庫(タブラリウム)を中核として、中世に改築された旧元老院とその付属建造物があり、全体として秩序もシンメトリーも欠如していた。ミケランジェロは旧元老院前の広場の輪郭を梯形(ていけい)(台形)とするために、左右に新たに設計した2棟の建物の間隔が、奥が幅広く手前が狭くなるように配置し、その梯形の枠内に星形を基調としたデザインを組み入れ、中心部にマルクス・アウレリウス帝のブロンズ騎馬像を設置した。また旧元老院の正面には新たに両面階段を取り付け、前面に河神「ナイル」と「テーベレ」の擬人像を左右に配した噴水盤を設け、その上部に女神「ローマ」の彫像を立てた。このように、広場と建物とを調和的に結合させようというミケランジェロの構想(1526)を、その死後16世紀後半から17世紀初頭にかけて実現させたのは、建築家ジローラモ・ライナルディとジャコモ・デッラ・ポルタの2人である。[濱谷勝也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンピドリオ広場の関連キーワードカステルガンドルフォフォロロマーノカステリロマーニパラティーノの丘フォリ・インペリアーリフォロ・イタリコフォロ・トライアーノフォロ・ロマーノローマの七丘ローマの祭り

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カンピドリオ広場の関連情報