コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カール・アウグスト カールアウグスト

2件 の用語解説(カール・アウグストの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カール・アウグスト

ザクセン・ワイマール大公。開明的君主。ゲーテと親交を結んで大臣に任用,その助言を得て文教の振興に尽力し,シラーを招き,ブルシェンシャフトを保護,主都ワイマールをドイツ精神生活の中心地にした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カール・アウグスト
かーるあうぐすと
Karl August
(1757―1828)

ザクセン・ワイマール公(1758~1815)、大公(1815~28)。ドイツ啓蒙(けいもう)専制君主の一典型。大臣となったゲーテはじめヘルダー、シラーを招くなど学芸保護に努めて、2000平方キロメートル、11万の小国ワイマールをドイツの文化的中心地に高めた。他方プロイセンの将軍としてフランス軍とたびたび戦ったが敗れ、ライン同盟に加入、のち16年には反動時代のなかで憲法を発布した。[岡崎勝世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カール・アウグストの関連キーワードザクセン選帝侯ワイマールワイマール共和国ワイマール憲法ワルター啓蒙専制君主大公マークセンスドレスデン城

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カール・アウグストの関連情報