コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カール・アウグスト カールアウグスト

百科事典マイペディアの解説

カール・アウグスト

ザクセン・ワイマール大公。開明的君主。ゲーテと親交を結んで大臣に任用,その助言を得て文教の振興に尽力し,シラーを招き,ブルシェンシャフトを保護,主都ワイマールをドイツ精神生活の中心地にした。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カール・アウグスト
かーるあうぐすと
Karl August
(1757―1828)

ザクセン・ワイマール公(1758~1815)、大公(1815~28)。ドイツ啓蒙(けいもう)専制君主の一典型。大臣となったゲーテはじめヘルダー、シラーを招くなど学芸保護に努めて、2000平方キロメートル、11万の小国ワイマールをドイツの文化的中心地に高めた。他方プロイセンの将軍としてフランス軍とたびたび戦ったが敗れ、ライン同盟に加入、のち16年には反動時代のなかで憲法を発布した。[岡崎勝世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カール・アウグストの関連キーワードフェルセン(Hans Axel von Fersen)リヒター(Adrian Ludwig Richter)劇場広場〈ゲーテ像シラー像〉古典主義の都ヴァイマールカンナビヒ5月31日3月29日7月22日9月3日8月4日2月7日イェーナ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android