ガザミ(英語表記)Portunus trituberculatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガザミ
Portunus trituberculatus

軟甲綱十脚目ワタリガニ科のカニ。甲幅 20cm。甲は横長の菱形。近縁種のタイワンガザミ P. pelagicus やジャノメガザミ P. sanguinolentus などとともにワタリガニと呼ばれる。額に 3棘,甲の前側縁には三角形の 8歯と横に突き出た第9歯がある。北海道南部から台湾,中国南部まで分布し,内湾の水深 30m内外の砂底にすみ,扁平な遊泳脚を動かして巧みに泳ぐ。昼間は砂中に隠れ,夜間に餌を求めて活動する。水産上の重要種で,三河湾瀬戸内海有明海が産地として有名である。タイワンガザミは青色が濃く,額に 4棘ある。また本種では鋏脚の長節前縁に 4棘あるのに対して,タイワンガザミでは 3棘である。ジャノメガザミは灰緑色で,甲面の後方に紫褐色の丸紋が 3個横に並んでいる。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ガザミ

ワタリガニとも。ワタリガニ科の甲殻類。甲は横に広いひし形で前側縁に9個の歯があり,最後の歯は強大で横に突出。青緑色で雌は暗紫色が強い。はさみの末半分は赤紫色。甲長は7cm,甲幅は25cmに達する。青森湾以南台湾,韓国,中国沿岸に分布し浅海にすむ。食用として重要で,刺網などで漁獲。
→関連項目カニ(蟹)ワタリガニ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

ガザミ

 [Portunus trituberculatus].エビ目カニ下目ガザミ属に属する.ワタリガニともいう.本州より南の沿岸でとれるカニの一種.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガザミ
がざみ /
[学]Portunus trituberculatus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目ワタリガニ科に属するカニ。一般にワタリガニとよばれる。青森県以南、琉球諸島、朝鮮半島、台湾、中国北部に分布し、内湾の水深30メートル内外までの砂地にすむ。日本では、とくに三河湾、瀬戸内海、有明海などに多産し、秋から冬にかけて美味とされる。甲は横長の菱(ひし)形で、甲幅25センチメートルに達する。額(がく)には3本の棘(とげ)があり、甲の前側縁は三角形の8歯と横に突出した第9歯からなる。はさみ脚(あし)は長大で、歯は鋭い。遊泳脚は大きく、左右の調和のとれた動きによって、すばやく、また長距離を泳ぐことができる。緑色を帯びた暗褐色で、甲の後方やはさみ脚に白い不規則な斑紋(はんもん)があるが、雄では青みが強い。
 昼間は砂中に隠れ、夜間には餌(えさ)を求めて出歩き、また水面近くまで泳ぎ上がる。瀬戸内海での調査では、9月中旬から10月中旬が交尾期で、精子は翌年の産卵期まで雌の貯精嚢(のう)に蓄えられる。産卵は年2回で、第1回目は4月中旬から6月、第2回目は7月中旬から8月である。甲幅14センチメートルの雌で80万粒、18センチメートルで200万粒、22センチメートルで400万粒といわれる。4月下旬から5月上旬の卵は20日内外、5月後半の卵は17日ほどで孵化(ふか)する。一番子はその年の9月ごろには甲幅13~17センチメートルに成長し、性的に成熟する。二番子は稚ガニのまま越冬し、翌年4~5月ごろ幼ガニとなり、満1年で甲幅20センチメートルに達する。一般に満2年で第2回目の幼生放出ののちに死ぬが、ごく一部のものは3年目も生きるようである。成長が早いため養殖が考えられるが、稚ガニのときにすでに共食いする性質があり、産業ベースでの完全養殖はむずかしい。現在ではむしろ稚ガニの放流によって天然資源を補う方向で研究が進められている。
 ガザミは額に3本の棘があるが、近縁のタイワンガザミP. pelagicusでは4本で、甲面の雲紋模様がさらにはっきりしている。甲面に赤い3個の紋があるジャノメガザミP. sanguinolentusは日本での産額は少ないが、南方海域では食用として重要種である。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガザミの関連情報