コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガッサンディ ガッサンディ Gassendi, Pierre

6件 の用語解説(ガッサンディの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガッサンディ
ガッサンディ
Gassendi, Pierre

[生]1592.1.22. プロバンス,シャンテルシエ
[没]1655.10.24. パリ
フランスの哲学者,科学者,司祭。 1617~23年エクス (エクサンプロバンス) の哲学教授。 45年コレージュ・ロワイヤル (コレージュ・ド・フランスの前身) の数学教授。彼の哲学的立場は懐疑論エピクロス主義に要約される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガッサンディ(Pierre Gassendi)

[1592~1655]フランスの哲学者・科学者。アリストテレスデカルトを批判し、エピクロス原子論を復活させた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ガッサンディ

フランスの哲学者,自然学者。スコラ学的アリストテレス主義に反対し,エピクロスの原子論と道徳論を復興した。デカルトの論敵,ロックニュートンに影響を与えた思想家としても知られる。
→関連項目原子論ボイル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ガッサンディ【Pierre Gassendi】

1592‐1655
フランスの哲学者。本名ガッサンGassend。南仏の小都市ディーニュ近くの農民の子として生まれ,同地の教会の主任司祭,パリの王立学院(現在のコレージュ・ド・フランス)の数学の教授になり,パリで没した。1624年に処女作《アリストテレス学徒にたいする逆説的論考》を発表して,懐疑主義の立場からアリストテレス哲学を攻撃したが,この形而上学否定,理性の全能否定の態度は,長くその思想の基調となり,42年にはデカルトの《省察》をめぐってデカルトと論争し,また経験論の開祖ロックにも影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ガッサンディ【Pierre Gassendi】

1592~1655) フランスの思想家。エピクロス的原子論の立場から、デカルトの物体観を批判し、蓋然主義的な自然学を展開。主著「哲学集成」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガッサンディ
がっさんでぃ
Pierre Gassendi (Gassend)
(1592―1655)

フランスの哲学者、自然学者。南フランス、シャンテルシエの農家の出身。1614年アビニョンで神学博士となり、エクス大学の哲学教授、ディーニュの主任司祭、パリのコレージュ・ロアイヤルの数学教授を歴任する。水星の太陽面通過の観測や音速測定など個別的業績もあるが、彼の歴史的意義はおもに思想的側面にある。1649年以降、宇宙論において地動説を擁護し、自然学においてはエピクロスの原子論を採用し、反アリストテレスの論陣を張った。後者の影響は大きく、原子論の歴史的復活に大いに力があった。真空の存在を認めないデカルト説とも対立した。さらに認識論においてデカルトの「生得観念」に反対し、認識の起源を感覚に求めた。この点で、ロックらの経験哲学の先駆をなした。司祭として、神に自然の統括をゆだねるという矛盾をもっていたが、17世紀の機械論的唯物論者の代表者であった。[肱岡義人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のガッサンディの言及

【原子論】より

…人文主義者たちは,ルクレティウスの《物の本性について》を愛読書とした。そして,フランスの機械論者で反アリストテレス主義者P.ガッサンディの手になる《哲学集成》(1658)の中でエピクロス的原子論が熱っぽく紹介される。ガッサンディのよき論敵デカルトは,機械論的な側面を共有していたものの,真空を認めぬ点で,遂に原子論を容認するに至らなかったが,ガッサンディによって公的に復活した古代原子論は,たちまちヨーロッパの知識人の心をとらえた。…

※「ガッサンディ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガッサンディの関連キーワードカッサンドルマルブランシュルヌービエベルクソンメーヌドビランラメトリ沢瀉久敬淡野安太郎サン・マルタンル・センヌ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone