コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガット(GATT)

1件 の用語解説(ガット(GATT)の意味・用語解説を検索)

農林水産関係用語集の解説

ガット(GATT)

General Agreement on Tariffs and Trade(関税及び貿易に関する一般協定)の略。1948年に発足し、貿易面から国際経済を支える枠組みとして機能。我が国は55年に加入した。この協定の基本原則は、貿易制限措置の削減、貿易の無差別待遇(最恵国待遇内国民待遇)とされている。ガットは正式な国際機関ではなかったが、これを拡大発展させる形で正式な国際機関としてのWTO世界貿易機関)が95年1月に発足した。94年時点のガット及びその関連文書はWTO協定に取り込まれている。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガット(GATT)の関連キーワードGREMAITRIPSZOPAアルカン, ナポレオン競馬と生産に関する国際協約 (International Agreement on Breeding and Racing)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone