コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガット(GATT)

農林水産関係用語集の解説

ガット(GATT)

General Agreement on Tariffs and Trade(関税及び貿易に関する一般協定)の略。1948年に発足し、貿易面から国際経済を支える枠組みとして機能。我が国は55年に加入した。この協定の基本原則は、貿易制限措置の削減、貿易の無差別待遇(最恵国待遇、内国民待遇)とされている。ガットは正式な国際機関ではなかったが、これを拡大発展させる形で正式な国際機関としてのWTO(世界貿易機関)が95年1月に発足した。94年時点のガット及びその関連文書はWTO協定に取り込まれている。

出典 農林水産省農林水産関係用語集について 情報

ガット(GATT)の関連キーワードGeneral Agreement on Tariffs and Tradeガット・ギター[gut guitar]関税および貿易に関する一般協定関税・貿易に関する一般協定ホワイト・E. ウィンダムリクエスト・オファー方式E.ウィンダム ホワイトサイド・スープレックスアンチ・ダンピング協定アーサー ドゥンケルエスケープ・クローズガット(GATT)ブレトンウッズ体制ウルグアイラウンドスティーブ ガッドケネディラウンド貿易政策レビュースタンダード協定ガット活動報告書スタンドスティル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android