コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガラスセラミックス glass ceramics

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガラスセラミックス
がらすせらみっくす
glass-ceramics

特殊組成のガラスを成形したのち再熱処理によって微結晶体化したもので、一般に滑らかで光沢のある表面をもち、透明なもの、乳白色のもの、あるいは模様を焼き付けたものなどがある。結晶化ガラスともいう。1957年にアメリカのコーニング社から「鉄よりも強くアルミニウムより軽い」という宣伝文句で発表されたパイロセラムが最初の製品。ガラスのように均質でなく、微結晶体であるため、表面からの亀裂(きれつ)が進みにくく、一般に元のガラスより割れにくく強度が高い。また析出結晶を選ぶことにより、熱膨張係数をゼロまたは負にすると温度の急変に耐える耐熱衝撃性の高いものも得られる。耐熱食器、精密軸受、耐熱窓、絶縁材、低温封着材などに用いられる。結晶相は製品によって異なるが、主要なものは、高温型石英、クリストバライト、コランダム、リチウム・アルミノケイ酸塩などであるが、多種多様の結晶を含むガラスセラミックスがある。さらに、結晶の光学的性質を利用して、ガラス単独では得られない光学特性をもつ材料も得られている。[境野照雄・伊藤節郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のガラスセラミックスの言及

【デビトロセラミックス】より

失透devitrification現象を利用してガラスを結晶化することによって作られたセラミック材料。結晶化ガラス,ガラスセラミックスglass ceramicsともいう。成形が容易であるというガラスの利点を生かしながら,結晶化させることによって,耐熱性,機械的強度,電気的物性などの機能を向上させることができる。…

※「ガラスセラミックス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android