ガラパゴス[諸島](読み)ガラパゴス

百科事典マイペディアの解説

ガラパゴス[諸島]【ガラパゴス】

エクアドル本土の西方約1000km,太平洋上にある同国領の火山性諸島。正称はコロン諸島。主島はイサベラ島,サンタ・クルス島。赤道直下にあるが,寒流の影響で涼しい。隔離の結果特有な動植物が多く,同島固有の種および亜種としてゾウガメウミトカゲ,オオトカゲ,ガラパゴスペンギン,ダーウィンフィンチなどがある。1835年C.ダーウィンが訪れて動植物の研究を行い,《種の起原》執筆の大きな契機になった(《ビーグル号航海記》)。1978年と2001年世界自然遺産に登録。その後観光客などの環境の変化により保全が必要とされ,2007年に危機遺産リストに登録されたが,その後エクアドル政府の環境保護への取り組みが認められ2010年危機遺産リストから外れた。約8000km2。2万5124人(2010)。
→関連項目ウミイグアナ世界遺産条約

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガラパゴス[諸島]【Galápagos Islands】

南米エクアドルの海岸から約1000km離れた赤道直下の太平洋上に位置するエクアドル領の火山島群。正称はコロン諸島Archipiélago de Colón。面積8000km2。人口9750(1990)。コロン諸島州として一州をなし,国防省の管轄下にある。州都はサン・クリストバル島のサン・クリストバル。最大のイサベラ島のほか,サンタ・クルス島,フロレアナ島フェルナンディナ島など18の島々と多数の小島からなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のガラパゴス[諸島]の言及

【スカレシア】より

…ガラパゴス諸島に特産するキク科の木本属(イラスト)。同諸島特産のゾウガメやフィンチとともに,19世紀初めビーグル号で訪れたC.ダーウィンに注目されたことで有名。…

※「ガラパゴス[諸島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android