コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガリア戦記 ガリアせんき Commentarii de Bello Gallico

6件 の用語解説(ガリア戦記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガリア戦記
ガリアせんき
Commentarii de Bello Gallico

ローマの政治家ガイウス・ユリウス・カエサル記録文学,歴史書。8巻。前 58~52年のガリア総督としての軍事活動の覚え書。前 52年末から一冬で書き,前 51年刊。後世の歴史家に資料を提供する目的で,自分に対する種々の非難に対する弁明も兼ねて,簡潔明晰,客観的に記述。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガリアせんき【ガリア戦記】

《原題、〈ラテン〉Bellum Gallicum》歴史書。カエサル著。前58~前52年のガリア征服戦の経過を詳述。当時のガリアとゲルマニアを知る上の貴重な資料。全8巻で、最後の1巻は部下のヒルティウス手になる。古来ラテン語の文章の模範とされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ガリア戦記【ガリアせんき】

カエサルの著作。前58年―前51年に彼がガリアで行った遠征の記録。全8巻。ただし第8巻はその部将ヒルティウスの作。タキトゥスの《ゲルマニア》とともに古代ゲルマン研究の最重要史料。
→関連項目ドルイド教

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ガリアせんき【ガリア戦記 De bello Gallico】

前58年から前51年にかけてカエサルがガリア(ほぼ今のフランスベルギー)で行った遠征の記録。全8巻。うち第7巻まではカエサル自身の著作で,第8巻は彼の死後部下のヒルティウスが書き加えた。7巻までは1年ごとに1巻をあて,8巻は2年分である。年々ローマ元老院に送った報告書に手を加えてまとめたもの。いつごろ発刊用に仕上げられたかについて諸説があるが,前52年の冬から前51年の春にかけて書かれたとする説が有力である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ガリアせんき【ガリア戦記】

カエサルがガリア遠征の経過を記した書。全八巻のうち最後の巻は部将ヒルティウスの手になる。簡潔で的確な文体はラテン文の範とされる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガリア戦記
がりあせんき
De Bello Gallico

ローマの政治家カエサルの作品。紀元前58年から前50年までの、地方長官としてカエサルが遂行したガリア戦争の記録。全8巻。カエサル自身の筆は第1巻~第7巻(ウェルキンゲトリクスを破る前52年のアレシアの決戦まで)であり、第8巻は彼の部将ヒルティウスの手になる。ガリアでの戦いを客観的で冷静な筆で描くことによりローマの戦争の正当性を示し、政治家、将軍としての自らの立場、功業を明らかにしたもの。前1世紀のガリア人社会を知るための史料として重要。第一級の歴史書であるとともにラテン文学の傑作。[長谷川博隆]
『近山金次訳『ガリア戦記』(岩波文庫) ▽国原吉之助訳『カエサル文集』(1981・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のガリア戦記の言及

【カエサル】より

…しかし,権力・栄誉を一身に集中したため,共和政護持派のブルトゥス,カッシウスらに前44年3月15日,元老院議場で暗殺された。 雄弁家・文人としても第一級の人物であったが,演説の草稿,書簡,パンフレットは散逸し,現存するのは,簡潔な文体,的確な現実把握の点でラテン文学の傑作といわれる《ガリア戦記》《内乱記》のみである。
[評価]
 常に運命の女神と共にあることを確信したばかりか,世人に〈運命の寵児〉とみなされた一方,政敵を心から受けいれてゆく仁慈の人としても知られる。…

【ゲルマニア】より

…執筆の時期は《アグリコラ伝》と同じころ(98年)である。《ゲルマニア》は,ライン川の西,ドナウ川の北に居住していたゲルマン諸部族のようすを語る民族学の書であり,カエサルの《ガリア戦記》とともに,当時の状況を伝える重要な史料の一つである。著者自身が認めているごとく,本書はポシドニウス,カエサル,リウィウスらの記述に基づいており,タキトゥス自身はゲルマニアを訪れたことがなかったと思われる。…

【ヒルティウス】より

…カエサルの部下で前54年ころからガリア遠征中のカエサルと行動をともにし,下士官もしくは秘書長として彼に仕えた。カエサルの《ガリア戦記》のうち最後の第8巻はヒルティウスの筆になるもので,おもにこのことによって後世に名を残した。内乱勃発後もカエサルとともにスペインやギリシアに赴いた。…

【ラテン文学】より

… この時代には歴史記述も盛んに行われた。カエサルの《ガリア戦記》と《内乱記》は,覚書の形式による自己の政治活動の記録であり,宣伝と弁明を兼ねている。サルスティウスの《ユグルタ戦記》と《カティリナの陰謀》および《歴史》は,ローマ人の道徳的堕落にローマ国家崩壊の原因を求める,きわめてローマ的な史観に貫かれている。…

※「ガリア戦記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガリア戦記の関連キーワードアントニウスウェルキンゲトリクスレピドゥスカエサルの物はカエサルにブルトゥスアンビオリクスカエサリオンヒルティウスベルガエラビエヌス

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガリア戦記の関連情報