コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガルダ湖 ガルダこ Lago di Garda

3件 の用語解説(ガルダ湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガルダ湖
ガルダこ
Lago di Garda

イタリア北部,ロンバルディア平原の湖沼群のうち最も東にある同国最大の湖。面積約 370km2,長さ 52km,水面標高 65m,最大水深 346m。幅の広い湖盆は,アディジェの谷の南の部分を占める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガルダ‐こ【ガルダ湖】

Gardaイタリア北部の氷河湖。面積は370平方キロメートルで、同国では最大の湖。ベナーコ湖

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガルダ湖
がるだこ
Lago di Garda

イタリア北部の湖。西岸はロンバルディア州、東岸はベネト州、北岸はトレンティーノ・アルト・アディジェ州に属し、同国最大の面積(370平方キロメートル)をもつ。別称ベナーコBenaco湖。最大深度346メートル、長さ51.6キロメートル。北部では2000メートル前後の高い山々に挟まれ細長く延びているが、南部では最大幅17キロメートルと広くなっている。サルカ川の水を受けて、ミンチョ川から排水する。湖岸ではぶどう酒の生産のほか、機械、衣料、食品工業がみられるが、もっとも重要な収入源は、温暖な気候と景観の美しさを生かした観光業である。西岸には、第二次世界大戦末期にムッソリーニの最後の拠点となったサロの町がある。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガルダ湖の関連キーワードパビアロンバルディア同盟ロンバルディアサンミケーレマッジョーレ教会パダノベネタ平原パビア修道院メナッジオロンバルディア平原ロンバルディア人ロンバルディア王国

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガルダ湖の関連情報