ガルノー(François-Xavier Garneau)(読み)がるのー(英語表記)François-Xavier Garneau

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガルノー(François-Xavier Garneau)
がるのー
François-Xavier Garneau
(1809―1866)

カナダの歴史家。フランス系。ケベックに生まれ、公証人の仕事をするかたわら「しばしば歪(ゆが)んだ形で伝えられている(フランス系カナダ成立の)ことどもについて、正しい記録を残すため」に『カナダ史』3巻(1845~48)を執筆した。フランス人によるカナダ発見から説き起こして、領主制時代、イギリス軍によるケベック攻略、イギリス領植民地への移行、アメリカ独立戦争の影響などを叙述した最初の本格的フランス系カナダの歴史として高く評価される。当時イギリス領に編入され、アメリカなどからの経済的圧迫も加わって、沈滞ぎみであったフランス系カナダ人の連帯意識を目覚めさせるのに大いに役だった。

[西本晃二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android