コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガロ ガロ Gallo, Max

3件 の用語解説(ガロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガロ
ガロ
Gallo, Max

[生]1932.1.7. ニース
フランスの歴史家,小説家。パリ大学および政治学研究所に学び,歴史学教授資格を得る。 1965年からニース大学講師。歴史書に『ムッソリーニイタリア』L'Italie de Mussolini (1964) ,『エチオピア問題』L'Affaire d'Éthiopie (67) など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガロ

青林堂が発行していた漫画雑誌。昭和39年(1964)創刊。平成14年(2002)休刊。名称は白土三平の漫画「やませ」の登場人物「大摩のガロ」に由来。白土の代表作「カムイ伝」を連載したほか、水木しげるつげ義春佐々木マキ蛭子能収杉浦日向子赤瀬川原平といった個性的な作家を数多く輩出。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガロ
がろ
Garo

インド、アッサム地方を流れるブラマプトラ川の湾曲部南東にあるガロ山地を主要な居住地とする人々。モンゴロイド人種であり、チベット・ビルマ語系のボド語群に属す言語を話す。彼らの伝承によれば、アッサム河谷を経由して、チベット方面から移動してきたという。名称のガロは英国人がこの地域の山地民全般をガロウとよんだことに由来する。自称はマンデ、アチック。人口は約30万。焼畑耕作に従事し、陸稲(おかぼ)や雑穀類、マニオク、タロイモなどをつくる。集落は山の斜面や丘陵部に形成され、一般に50~60戸の家屋からなる。外婚的な母系氏族が重要な単位であり、血縁は母系をたどり、家族の財産を相続するのは娘である。特別な身分階層はないが、一定の祭宴儀礼を経て、特定の社会的地位を得たものをノクマとよび、社会生活における主導的な役割を果たしていた。宗教はアニミズムを基本とし、木や石の彫像で表される祖先を礼拝するが、キリスト教も受容されている。[長谷川清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガロの関連キーワード階乗ニードルポイントレースラニーニャスペースコロニーニースラックスフラニーとゾーイニース・カンヌ フレンチリビエラマラソンハニーフラッシュキドニー・ストーンニース風

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガロの関連情報