コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガンピ(雁皮) ガンピWikstroemia sikokiana

3件 の用語解説(ガンピ(雁皮)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガンピ(雁皮)
ガンピ
Wikstroemia sikokiana

ジンチョウゲ科の落葉低木。西日本の暖地の山地に生じる。高さ 1.5mで幹は直立分枝する。葉は互生し,葉柄は短く,卵形で全縁,表裏ともに絹毛におおわれる。初夏の頃,その年に出た枝の先端に,黄色の小花を 10個ほど球状に集めてつける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ガンピ(雁皮)【ガンピ】

本州中部〜佐賀県の暖地の山中にはえるジンチョウゲ科の落葉低木。樹皮はなめらかで,若枝や卵形の葉には白い絹毛がある。葉は互生し,卵形。初夏,若枝の先に頭状花序をつけ,淡黄色の小花が集まって開く。
→関連項目唐紙鳥の子紙和紙

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガンピ【ガンピ(雁皮) Diplomorpha sikokiana (Fr.et Sav.) Honda】

日当りのよい浅山に生えるジンチョウゲ科の落葉低木で,和紙の原料植物として知られる。カミノキともいう。高さ2mぐらいで,幹の樹皮はサクラのはだに似る。細かく分枝し,毎年の新枝は前年枝の中ほどから伸びる。若枝,葉,花は絹毛を帯びる。葉は2列状に互生し,卵形で先は細まり,長さ2~6cm。5~6月ごろ枝端に10花前後の頭状花序をつける。花は花弁を欠き,淡黄色の萼筒は長さ約8mm,上縁は4裂し,筒部の内側に8本のおしべが2列につき,めしべの基部に鱗片状の花盤がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のガンピ(雁皮)の言及

【雁皮紙】より

…ガンピを原料とする紙で,楮紙(こうぞがみ)とともに和紙を代表する。数量では楮紙より劣るが,光沢のある紙で虫害が少なく,長い保存力をもつ点から高い評価を受け,料紙など高級紙に活用されてきた。…

※「ガンピ(雁皮)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone