コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガンピ(雁皮) ガンピWikstroemia sikokiana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガンピ(雁皮)
ガンピ
Wikstroemia sikokiana

ジンチョウゲ科の落葉低木。西日本暖地山地に生じる。高さ 1.5mで幹は直立分枝する。葉は互生し,葉柄は短く,卵形で全縁,表裏ともに絹毛におおわれる。初夏の頃,その年に出た枝の先端に,黄色の小花を 10個ほど球状に集めてつける。萼は下部が筒形で上部は4裂し,おしべ8本,めしべ1本があって,果実は宿存萼を伴う痩果となる。樹皮の繊維を上質の和紙雁皮紙の原料とした。このため乱伐され,現在は野生のものは少い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガンピ【ガンピ(雁皮) Diplomorpha sikokiana (Fr.et Sav.) Honda】

日当りのよい浅山に生えるジンチョウゲ科の落葉低木で,和の原料植物として知られる。カミノキともいう。高さ2mぐらいで,幹の樹皮はサクラのはだに似る。細かく分枝し,毎年の新枝は前年枝の中ほどから伸びる。若枝,葉,花は絹毛を帯びる。葉は2列状に互生し,卵形で先は細まり,長さ2~6cm。5~6月ごろ枝端に10花前後の頭状花序をつける。花は花弁を欠き,淡黄色の萼筒は長さ約8mm,上縁は4裂し,筒部の内側に8本のおしべが2列につき,めしべの基部に鱗片状の花盤がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のガンピ(雁皮)の言及

【雁皮紙】より

…ガンピを原料とする紙で,楮紙(こうぞがみ)とともに和紙を代表する。数量では楮紙より劣るが,光沢のある紙で虫害が少なく,長い保存力をもつ点から高い評価を受け,料紙など高級紙に活用されてきた。…

※「ガンピ(雁皮)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ガンピ(雁皮)の関連キーワードサクラガンピこうぞ紙修善寺紙流し漉きキガンピ三椏紙高野紙鳥の子薬袋紙名塩紙日当り紙布斐紙局紙薄様

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android