コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キサゴ Umbonium costatum; button shell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キサゴ
Umbonium costatum; button shell

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科の巻貝。キシャゴシタダミゼゼガイなどの俗称がある。殻高 1cm,殻径 1.5cmであるが,殻径 3cmになる個体もある。殻はそろばん玉形で,低く太い螺肋があり,周囲は丸みを帯びる。殻表には光沢があり,黒青色と黄色の絣模様がある。殻底には赤みのある丸い滑層がある。軟体は頭部に1対の頭触角と体の左右に4対の細い上足突起をもち,眼柄の先には眼がある。頭触角は右のほうが大きく発達している。北海道南部より台湾,中国沿岸の浅海の砂底に群れになってすむ。砂中に浅く埋り,入水管を広げてここから吸込んだ海水中の有機物を鰓でこし取って食べている。産卵期は秋。殻は貝細工の材料となり,肉は食用。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キサゴ

キシャゴ,シタダミ,ゼゼガイとも。ニシキウズガイ科の巻貝。そろばん玉のような形で,高さ1cm,幅1.5cm。殻色は灰黒色と黄白色の細かい斑が普通だが個体変異が多い。
→関連項目お弾き

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キサゴ
きさご / 喜佐古・細螺・扁螺
button top
[学]Umbonium costatum

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科の巻き貝。地方によってキシャゴ、シタダミ、ゼゼガイ、ナガラミなどの地方名がある。北海道南部以南の日本全土から台湾、中国沿岸に分布し、外洋の浅海砂底に群生する。普通殻高20ミリメートル、殻径25ミリメートルぐらいである。殻は背の低いそろばん玉形で、殻表は光沢が強く、太くて低い螺肋(らろく)がある。灰青色と黄色の絣(かすり)模様の個体が多いが、個体変異が多く、白っぽいものや周縁に淡紅色の帯のあるものなど多様である。体は、足裏が広く後端はとがり、左右に4対の上足突起があり触角と柄(え)のある目があって、入水管の入口に触毛がある。潮が引いてくると砂の上に出て活動して餌(えさ)をあさり、干上がると砂中に潜る。産卵期は晩秋で、海中に放卵する。肉は食用とされるが、いくらか苦味がある。殻は貝細工の材料やおはじきなどの玩具(がんぐ)にする。
 近縁種のイボキサゴU. moniliferumは本種よりやや小形で内湾的環境の潮間帯に大きな個体群をもつ。殻底の臍盤(せいばん)が広いのでキサゴとただちに区別がつく。ダンベイキサゴU. giganteumはキサゴといっしょにすみ、大形で螺肋はなく平滑。「ナガラミ」などとよばれて食用にされ、殻は細工用に利用される。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キサゴの関連キーワード里田まい(カントリー娘。)棚橋弘至(提携)FUJIWARAおバカ回答者人気ダンベイキサゴ六角棒スパナますだおかだダンディ坂野五領ヶ台貝塚アンガールズ細螺・喜佐古堀之内貝塚小島よしお掛川動物群谷澤恵里香加藤沙耶香つるの剛士飛塚ちとせ清水よし子クリス松村

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android