コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キタゾウアザラシ キタゾウアザラシ Mirounga angustirostris; northern elephant seal

2件 の用語解説(キタゾウアザラシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キタゾウアザラシ
キタゾウアザラシ
Mirounga angustirostris; northern elephant seal

食肉目鰭脚亜目アザラシ科ゾウアザラシ属。雄は体長約 5m,体重 1.8~2.2t,雌は体長約 3m,体重 400~800kgに達し,雌雄の体格に著しい差がある。出生体長は約 1.2m,出生体重は 30~40kgである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キタゾウアザラシ
きたぞうあざらし / 北象海豹
northern elephant seal
[学]Mirounga angustirostris

哺乳(ほにゅう)綱鰭脚(ききゃく)目アザラシ科の動物。南極海のミナミゾウアザラシとともに、2種でゾウアザラシ属を形成する。大形のアザラシで、体長は雄4.5メートル、雌3.6メートル。カリフォルニア半島沖の小島を中心に分布し、沿岸沿いに北方向に回遊する。イカや魚を好んでとる。繁殖期に雄は鼻を大きく膨らませ雄どうしで縄張り争いをし、ハレムをもつ。皮下脂肪を目的に乱獲され、19世紀後半には100頭以下に減少した。現在は、保護の結果5万頭ぐらいまで増加した。[内藤靖彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のキタゾウアザラシの言及

【ゾウアザラシ(象海豹)】より

…アザラシの中で最大。北半球にキタゾウアザラシM.angustirostrisと南半球にミナミゾウアザラシM.leonina(イラスト)の2種がある。二次性徴的に垂れ下がるほどに長くなった雄の鼻の形に由来する。…

※「キタゾウアザラシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キタゾウアザラシの関連キーワード海豹胡麻斑海豹象海豹斑入海豹パンダアザラシすしあざらしアザラシ(海豹)ゾウアザラシ(象海豹)ナンキョクアザラシモンクアザラシ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone