コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キタテハ Polygonia c-aureum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キタテハ
Polygonia c-aureum

鱗翅目タテハチョウ科のチョウ。前翅長 27mm内外。翅の外縁にあらい鋸歯状の凹凸がある。翅表は黄褐色で黒色斑があり,裏面は黄色地に褐色の不規則な黄色帯が樹皮状模様を表わす。後翅裏面中央にC字形の小白色紋がある。秋型は濃色で,翅の外縁の凹凸が著しい。幼虫はクワ科カナムグラの葉を食べ,成虫はクヌギなどの樹液や花に集る。成虫で越冬。第1代の成虫は5~6月に出現し,以後秋まで発生を繰返す。北海道,本州,四国,九州,朝鮮,台湾,中国,インドシナに分布する。近縁のシータテハ P. c-albumは,本種に似るがより山地性で,翅の外縁の切れ込みが深く,翅表・裏ともに濃色である。また後翅裏面のC字状紋は大きく,秋型ではきわめて明瞭である。分布域は本種より西方へ広がり,ヒマラヤ,ヨーロッパ,アフリカ北部に及ぶ。日本産は亜種 P. c. hamigeraという。食草はニレ科のハルニレアキニレオヒョウ,エノキが主であるが,クワ科のカラハナソウ,イラクサ科のコアカソなども食べる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キタテハ

鱗翅(りんし)目タテハチョウ科の1種。開張60mm内外,赤褐色または黄褐色で,黒斑がある。北海道南部以南の日本各地,朝鮮,中国,台湾などに分布。幼虫はカナムグラ,アサなどを食べる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キタテハ【Polygonia c‐aureum】

鱗翅目タテハチョウ科の昆虫(イラスト)。開張は4~5.3cm。黄褐色~赤褐色の翅の色からこの名がついた。種小名はcの金文字を意味するが,これは後翅裏面中央の弓形の紋に基づく。東アジア特産で日本全国に見られる。寒地にまれ,山地では集落付近に多いが,市街地でもふつうで,東京ではもっともふつうなタテハチョウである。おもな食草はカナムグラで,幼虫はその掌状の葉を下へ折り曲げて巣をつくり,その中にすむ。暖地では夏型は2~3回発生するが,秋型より丸みを帯び,翅の色や斑紋も黄色みが強い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キタテハ
きたては / 黄
[学]Polygonia c-aureum

昆虫綱鱗翅(りんし)目タテハチョウ科に属するチョウ。日本では北海道から九州にかけて分布するが、寒冷地では近似種シータテハが優勢で本種は少なく、暖地では本種が優勢でシータテハは希種となる。外国では朝鮮半島、中国、台湾、トンキンに分布し、東アジアの特産種。はねの開張60ミリメートル内外。はねの表面は橙(だいだい)色で黒斑(こくはん)があるが、裏面は枯れ葉模様で表面とまったく異なる。成虫態で越冬し、暖地で年4、5回程度の発生、寒冷地では年2回程度の発生と思われる。幼虫の食草はカナムグラ、アサ、カラハナソウ(ホップ)などのアサ科植物。幼虫は葉を綴(つづ)ってその中に潜んでいる。[白水 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キタテハの関連キーワード立羽蝶・蛺蝶タテハモドキルリタテハ季節型白水

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キタテハの関連情報