コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キチジョウソウ

百科事典マイペディアの解説

キチジョウソウ

関東〜九州,中国の樹林内にはえるユリ科の常緑多年草。は長さ10〜40cmの広線形で両端がとがり,長く地表をはった茎に数個つく。秋,高さ10cm内外の花茎を葉の間から出し,径1cmほどの淡紅紫色の花を密につける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キチジョウソウ
きちじょうそう / 吉祥草
[学]Reineckea carnea (Andr.) Kunth

ユリ科の常緑多年草。茎は長く地上をはい、その先端の1、2か所の部位より葉を束生する。葉は濃緑色で広線形、長さ10~40センチメートル、幅0.5~2センチメートル、3~5本の平行脈がある。葉間から出る花茎は高さ10~15センチメートル、上部に穂状に花をつける。8、9月に淡紫色で径約1センチメートルの花を開く。花被片(かひへん)は6枚あり、上部は反曲するが、下部は筒状に合着する。両性花と雄花とがある。果実は肉質、球形で紅紫色に熟す。関東地方以西の本州、四国、九州および中国に分布する。
 この草はまれにしか開花しないが、もしこれを植えている家に吉事があると花が開くという言い伝えから名づけられたという。[河野昭一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キチジョウソウの関連キーワード吉祥茅草陰生植物吉祥蘭解夏草蜜柑草観音草

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android