コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャンベル・バナマン キャンベルバナマン

百科事典マイペディアの解説

キャンベル・バナマン

英国の政治家。キャメル・バナマンとも。1868年以来下院議員(自由党)となり,アイルランド相,陸相歴任。1899年自由党党首となり,J.チェンバレンの帝国主義政策に反対。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キャンベル・バナマン
きゃんべるばなまん
Sir Henry Campbell-Bannerman
(1836―1908)

イギリスの政治家。スコットランドのグラスゴーに生まれる。グラスゴー大学、ケンブリッジ大学で学んだのち、1868年自由党下院議員に選出された。グラッドストンのアイルランドへの自治供与政策を強く支持し、1886年に陸相として内閣入りした。1892~1895年再度陸相を務め、1899年には野党となっていた自由党の下院指導者に就任、南アフリカ戦争(ブーア戦争)中は、ブーア人への強硬策を批判した。1905年12月、バルフォア内閣辞職のあと、首相となり自由党内閣を組織し、1906年の選挙で大勝、1908年病気のため辞任するまでに、トランスバールでの責任政府樹立、労働争議法、労働者補償法の制定などを行った。[木畑洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キャンベル・バナマンの関連キーワードグレー(Edward Grey 1st Viscount Grey of Fallodon)デビッド ロイド・ジョージ自由党(イギリス)ロイド・ジョージ小イギリス主義9月7日アスキスグレー

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android