コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュウチュウ(吸虫) キュウチュウ

百科事典マイペディアの解説

キュウチュウ(吸虫)【キュウチュウ】

吸虫綱の扁形動物の総称。人畜に重要な寄生虫がある。複雑な発育史をもち,卵から有毛幼虫(ミラキジウム)になり第1中間宿主の中で胞子嚢幼虫(スポロキスト)からレジアになり,有尾幼虫(ケルカリア)が水中に泳ぎ出しジュウケツキュウチュウ(住血吸虫)類を除き第2中間宿主に入りさらに終宿主に寄生する。
→関連項目寄生虫ジュウケツキュウチュウ(住血吸虫)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キュウチュウ【キュウチュウ(吸虫) fluke】

扁形動物門吸虫綱Trematodaに属する動物の総称。体は通常扁平で,葉状舌状,または篦(へら)状であるが,ときにセンチュウ(線虫)を思わせるような円筒形のものや,体部が厚く,固定するとコーヒー豆状を呈するものもある。吸虫綱は,さらに単世類,楯吸虫類,二世類の3亜綱に分けられるが,これらはすべて寄生生活を営む。前2者には,魚類,爬虫類両生類あるいは軟体動物などに寄生するものが含まれ,人体寄生をする医学上重要な種類はすべて二世類に含まれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

キュウチュウ(吸虫)の関連キーワードニホンジュウケツキュウチュウ(日本住血吸虫)カンキュウチュウ(肝吸虫)

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android