コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュクロプス Kyklops

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュクロプス
Kyklops

ギリシア神話の一眼巨人。額のまんなかにただ1つの目をもつ。ヘシオドスによれば,ウラノスガイアの交わりから生れた3人兄弟で,百手巨人ヘカトンケイルたちとともに,父により地下に押込められ,クロノスによっていったんは解放されたが,またもとの場所に戻され,ゼウスによって最終的に解放された。このことを感謝して彼のために雷と稲光をつくって与えて,オリュンポスの神々がティタンたちとの戦いで勝利するのに貢献した。このとき彼らは,ポセイドンのみつまたのほことハデスの隠し身の兜もつくったともいわれる。後代の神話では,彼らは鍛冶の神ヘファイストスの助手として,火山の噴火口の中にあるこの神の仕事場で働くとみなされている。ホメロスの『オデュッセイア』に出てくるキュクロプスたちは,これらの鍛冶の名手たちとは異なり,ナポリに近いイタリアの海岸で羊を飼って暮している,文化とまったく無縁な凶暴で野蛮な存在で,オデュッセウスは,その1人のポリュフェモスを盲目にしたために,この怪物の父である海神ポセイドンの怒りを買い,長い間この神に帰国を妨害されるはめに陥ったとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キュクロプス

ギリシア神話の一つ目の野蛮な巨人。複数形キュクロペス。ヘシオドスによればウラノスとガイアの3人の子。鍛冶に長じ,都市の城壁やオリンポス山の神々の館を造ったという。
→関連項目巨人ポリュフェモス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

キュクロプス

フランスの画家オディロン・ルドンの絵画(1898-90)。原題《Le Cyclope》。ギリシャ神話を題材として、巨人族キュクロプスと海の精ガラテイアを描いた作品。モノクロの幻想的な画風から、色彩豊かな画風へ移行して間もない頃に描かれた。ルドンの代表作の一つとして知られる。オッテルロー、クレラー・ミュラー美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キュクロプス【Kyklōps】

ギリシアの神話,伝説中の巨人。複数形はキュクロペスKyklōpes。ホメロスの《オデュッセイア》によれば,彼らは単眼の巨人族で,法も耕作も知らず,羊を飼って暮らしていた。彼らの住む島(シチリア島?)に着いたオデュッセウスとその部下がポリュフェモスPolyphēmosという名のキュクロプスの洞穴に迷いこみ,部下がつぎつぎと食われていったとき,オデュッセウスの計略で巨人の眼をつぶして逃れた話は有名。一方,ヘシオドスの《神統記》によれば,彼らは天空神ウラノスと大地女神ガイアの3人の息子ブロンテスBrontēs(雷鳴),ステロペスSteropēs(電光),アルゲスArgēs(閃光)とされ,父の手で地底に幽閉されたが,のちゼウスに解放され,クロノス一派と矛を交えたゼウス兄弟の味方となってその勝利に貢献したという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

キュクロプス【Kyklōps】

ギリシャ神話の野蛮で残忍な人食いの巨人。複数形、キュクロペス。額の中央に一つの目をもつ巨人族。その一人ポリュペモスが、彼らの住む島に部下と共に漂着したオデュッセウスの計略によって眼をつぶされた伝説で知られる。サイクロプス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のキュクロプスの言及

【オデュッセウス】より

…その後,敵の予言者ヘレノスから聞き出した情報に基づき,こじきの姿で城内に潜入してパラディオン(アテナ女神像)を盗み出すなど,トロイア陥落の諸要件を満たしたあと,最後に有名な木馬の計を案出,勇士たちが腹中にひそむ巨大な木馬をトロイア人みずからの手で城内に引き入れさせ,ギリシア軍勝利の立役者となった。こうして彼は戦地に10年を送ったあと帰国の途についたが,嵐で漂着した単眼の巨人族キュクロプスの島でその1人を傷つけたため,その父の海神ポセイドンの怒りをうけ,さらなる10年の放浪を余儀なくされた。しかし彼の知謀を愛する女神アテナの援助により身ひとつで故国に帰還,成人した息子テレマコスと再会ののち,留守中ペネロペに言い寄っていた求婚者どもを退治して,妻と王位をわが手に取り戻した。…

【一つ目】より

…この片目つぶりは顔貌の急激な変化と眼球の消去によって降魔の呪力をもつものともされる。【飯島 吉晴】
[西洋]
 ギリシア神話のキュクロプスは西洋の一つ目の典型で,火と鍛冶の神ヘファイストス(ローマのウルカヌス)に職人として仕えた。彼らの荒々しい性質は,洞窟に住み人を食うという理性や法に従わぬ怪物として具体化されるが,同時にこれは火を中心とする自然の創造力と破壊力との象徴と考えられる。…

【目∥眼】より

…数の3が能動,受動とその中間,または創造,保全と破壊を象徴し,シバの神性を示している。他方,1眼の場合は相反する両義をもち,2眼より少ないから人より下等とするかたわら,この1眼が額中央にあればギリシア神話のキュクロプスのように超人的な力をもったり,モンゴル伝承のドア・ソホルのように歩いて3日かかる先まで見える千里眼となる。額のほかに手や腕,胴や翼にある異所性の目も千里眼であることが多く,空想上の動物や天使の姿などに往々描かれている。…

※「キュクロプス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キュクロプスの関連キーワードサイクロピアン組織デデ・コルクトの書エウリピデスサチュロス劇アドメトス人食い片目

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android