キラー(英語表記)killer

翻訳|killer

デジタル大辞泉の解説

キラー(killer)

殺人者。殺し屋。
魅力で相手を悩殺する人。「マダムキラー
野球で、特定の相手を抑える投手。あるいは打ち込む打者。「左投手キラー
ゾウリムシ酵母で、毒素を出して同じ培養中の他系統のものを殺す遺伝形質をもつもの。
[補説]キラー因子をもつ酵母は、醸造に利用されることもある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

キラー

遺伝学用語。同種の別の個体を殺す遺伝的形質。ゾウリムシとパンコウボで見つかっている。殺す方をキラー,殺される方をインセンティブと呼ぶ。キラーは毒素を産生し,自らは毒素に対する耐性を持つが,インセンティブは持たない。キラー形質の遺伝子は細胞質遺伝するが,その発現には核遺伝子も関与する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キラー【killer】

ある生物が同じ種の別の個体を特異的に殺す現象は,最初ゾウリムシで,その後パンコウボでも発見された。これをキラー現象といい,殺すほうをキラー,殺されるほうをセンシティブsensitiveと呼ぶ。殺しはしないが殺されもしない個体も存在しニュートラルneutralと呼ばれる。 パンコウボのキラーはタンパク質性のキラー毒素(25℃以上で活性を失い,pH4.2~4.6以外では活性がない)を生産し,この毒素がセンシティブに作用するのである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

キラー【killer】

〔殺人者の意〕
多く他の語と複合して用いる。特定のものに対して特に強い力・魅力を発揮するもの。 「巨人-」 「マダム--」
毒素を放出して同一種の別の個体を殺す個体および系統。ゾウリムシや酵母に見いだされた遺伝形質。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

キラー

〘語素〙 (killer 「殺人者」の意) 特定の相手に強い人。
(イ) 野球で、特定のチームに対して勝率の高い投手。
(ロ) 魅力で相手を悩殺する人。「中年キラー」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のキラーの言及

【核外遺伝】より

…感染因子自身および感染因子のもつ遺伝因子によって支配される形質の遺伝を感染遺伝infectious heredityという。ハツカネズミのある種の乳癌,キイロショウジョウバエの二酸化炭素感受性,ゾウリムシのキラー形質はこの好例である。 以上の細胞質遺伝と感染遺伝を総称して核外遺伝という。…

※「キラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キラーの関連情報