コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリマンジャロ山 キリマンジャロさんMount Kilimanjaro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリマンジャロ山
キリマンジャロさん
Mount Kilimanjaro

タンザニア北東部,ケニアとの国境近くにある火山。アフリカ大陸の最高峰。山名はスワヒリ語で「輝く山」の意。東西約 80kmに及ぶ複合火山で,頂部は中央の主峰キボ(5895m),東南東のマウェンジ(5149m),西北西のシラ(3962m)の 3峰に分かれ,主峰は氷河に覆われている。1848年ドイツ人宣教師ヨハネス・レープマンおよびヨハン・ルートウィヒ・クラプフがヨーロッパ人として最初に頂上の雪を望見。1889年にハンス・マイヤーおよびルートウィヒ・プルトシェラーがキボの初登頂に成功,1912年にフリッツ・クルートがマウェンジに初登頂。山体はアフリカ大地溝帯(グレートリフトバレー)形成の際に地表に噴出した溶岩が凝固して形成されたもの。北東斜面山麓はキリマンジャロ国立公園に指定され,1987年世界遺産の自然遺産に登録された。南斜面の標高 1000m付近まではマサイステップと呼ばれる大草原が広がる。約 1300mまではサバナ地帯で,トウモロコシ,サイザルアサなどの栽培が行なわれる。1200~1800mの地帯には大コーヒー園や,バナナ,野菜などの栽培地があり,タンザニア第1の農産地帯。南麓 1600~3200mの間は大森林地帯。マウェンジの南西斜面では 4700m付近まで高山性ヒースや木性ノボロギクの荒地,ほかの斜面では 3900~4800mの地帯でところどころに高山植物が見られるにすぎない。それより高地にはコケ類のみが生育。南面の雪線は約 5000mであるが,北面ではさらに高く,頂上の直下にある。南麓のモシが観光基地。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

キリマンジャロ山の関連キーワードモシ(タンザニアの地名)セレンゲティ国立公園アンボセリ国立公園キリマンジャロ州マルゲリータ山ツァボ国立公園タンガニーカジョンストンヤッコササゲパンガニ川アルーシャケニア山メルー山チャガ族カンバ族植村直己タンガカンバ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キリマンジャロ山の関連情報