コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キンキ きんき

1件 の用語解説(キンキの意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

きんき【キンキ】

《栄養と働き》
 市場名はキンキですが、正式名称は「キチジ」といいます。
 地方によって呼び方にも変化がみられ、北海道や宮城ではキンキン、青森ではメンメン、茨城ではアカジ、神奈川の三崎ではアスナロと呼ばれています。
 大きさは全長20~30cmほどで、目と口が大きいのが特徴の白身魚。駿河湾(するがわん)以北の太平洋岸やベーリング海に分布し、水深150~200mの砂泥底に生息しています。
○栄養成分としての働き
 キンキには不飽和脂肪酸のIPA(イコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富に含まれています。
虚血性心疾患脳血管障害の予防に役立つ〉
 IPAはコレステロール値を低下させ、血液の流れをスムーズにし、血圧を下げるので、高血圧動脈硬化を防ぎます。
 また、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールをふやす働きもあります。その結果、虚血性心疾患に効果があります。
 ほかにも、胃腸や皮膚などの炎症を予防し、アレルギー反応を減らすなどの作用があります。
 DHAは脳や神経細胞組織の発育や情報伝達をスムーズにし、記憶力の低下を防いだり、目の働きをよくしたり、アレルギー反応を減らすなどの作用があります。
〈豊富なビタミンEが活性酸素から細胞をまもる〉
 ビタミンに目を向けると、いちばん目立つのはEです。ビタミンEは細胞膜や生体膜を活性酸素からまもる働きがあります。また赤血球を酸化からまもり、溶血性貧血を防ぐほか、性ホルモンの生成・分泌(ぶんぴつ)にかかわり、生殖機能を維持する作用などがあります。
 脂溶性ビタミンであるレチノールやビタミンDも含んでいます。Dは、カルシウムとリンの吸収を助け、血中濃度を一定に保たせ、骨や歯への沈着をうながします。また筋肉の機能もよくします。不足すると、歯ぐきが弱ったり骨粗鬆症(こつそしょうしょう)になりやすくなります。
〈血合いは心臓と肝臓をまもるタウリンがたっぷり〉
 キンキの血合いには、タウリンが豊富に含まれています。タウリンは、心臓を強化し、血栓症(けっせんしょう)を予防しながら、肝臓の再生を促進する働きもあります。
《調理のポイント
 旬(しゅん)は秋から春先にかけてですが、春の産卵をひかえて卵巣(らんそう)が発達する冬がとくに美味。朱紅色が鮮やかで、目の澄んでいるものが鮮度の高いキンキです。
 新鮮なら生食できますが、一般的には塩焼き煮付けなどに調理されます。身がやわらかいので、焼くときは、開いて薄塩にして一夜干しし、身を引き締めてから焼くとおいしくいただけます。煮付ける場合は、やや甘辛い味にすると脂(あぶら)のしつこさが解消されます。
 煮汁にはIPAやDHAが溶けだしています。そのため、ゴボウワカメ、ウドといった食物繊維を含んでいる食材といっしょに含め煮にして食べると効果的でしょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

世界大百科事典内のキンキの言及

【キチジ(喜知次)】より

…カサゴ目フサカサゴ科の海産魚。魚屋ではキンキンまたはキンキの名で売られる。北海道のオホーツク海沿岸から駿河湾にかけて分布し,とくに北海道や三陸地方に多い。…

※「キンキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キンキの関連キーワード栄養混合栄養伸筋栄養価栄養分きんききんきらきんきんきんですが末梢非経口栄養

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キンキの関連情報