コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キーファー キーファー Anselm Kiefer

4件 の用語解説(キーファーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

キーファー(Anselm Kiefer)

[1945~ ]ドイツの画家。ドイツの歴史、ナチズムなどを主題に、下地に藁(わら)や衣服を貼った巨大な絵画やオブジェなど、現代社会への批判・告発を表現した作品で知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キーファー

ドイツの美術家ドナウエッシンゲン生れ。法律家を目指していたが,1966年ル・コルビュジエが設計したラ・トゥーレット修道院を訪ね,美術を志すようになる。1966年から活動を始めるが,ドイツの歴史を検証しようとする作品は,時としてナチズムに言及する点で批判されることが多い。
→関連項目ロサンゼルス現代美術館

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

キーファー【Anselm Kiefer】

1945~ ) ドイツの画家。藁わらや土を素材として取り入れることで、強制収容所を想起させナチズムを告発する作品を製作。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キーファー
きーふぁー
Anselm Kiefer
(1945― )

ドイツの美術家。バーデン・ウュルテンベルク州ドナウエッシンゲン生まれ。1951年にカールスルーエ近郊のオッテルスドルフに移り、森林地帯で育つ。63~66年、フランスイタリアオランダを旅行、リルケゴッホロダンらの作品に親しむ。フライブルクの大学に進学し、当初は法律を学ぶが、フランス、リヨン郊外にあるル・コルビュジエのラ・トゥーレット修道院を見て衝撃を受けたのを機に美術へと転じることを決意。66年にカールスルーエ芸術アカデミーでホルスト・アンテスHorst Antes(1936― )に学び、70~72年デュッセルドルフ芸術アカデミーでヨーゼフ・ボイスに師事した(後には対立するようになる)。69年、カールスルーエのカイザー・プラッツ画廊で初個展開催。77年、ドクメンタ6へ出品し海外でも注目を集め、80年のベネチアビエンナーレで高い評価を受ける。そして87年、全米各地を巡回した後、MoMA(ニューヨーク近代美術館)で開催された回顧展の大成功はキーファーの名を一躍世界的なものとし、東西ドイツ統一後の91年にはベルリンでも大規模な個展が開催された。
 当初キーファーは水彩画を描き、また写真を用いたコンセプチュアル・アート風の作品を制作していた。結婚し長男が誕生した71年ごろより作風に変化が生じ、ドイツや北欧の伝説、ギリシア神話、旧約聖書、ワーグナー楽劇などからのアレゴリーを主題とする。また画面のなかに藁、砂、灰、鉛などを混入する技法を確立、スケールの大きな絵画作品によって知られるようになった。その画面はいずれも荘厳で悲愴な情感をたたえ、現代美術ではほとんど顧みられなくなっていた「風景」を主題としていることも特徴である。ドイツ文化の鎮魂を意味する「有翼のパレット」も、しばしば描かれるモチーフの一つである。
 国際的な名声を確立した80年代以後は、ゲルハルト・リヒターやジグマール・ポルケと並んでドイツのネオ・エクスプレッショニズムを代表する作家となる。だが、史跡の前でナチス式の敬礼をする姿を撮影し、「反動」「反ユダヤ」と酷評された、初期の代表的写真作品『占領』(1969)を制作したかと思えば、ユダヤ人の詩人パウル・ツェラーンへの深い共感を示した絵画作品『マルガレーテ』(1981)や『ズラミート』(1983)を制作するなど、キーファーの歴史に対する態度は両義的である。写真や絵画のほかにも版画、立体、アーティスト・ブックも手がけるなど、作品のレパートリーは幅広い。
 93年(平成5)には大規模な個展が東京、京都、広島を巡回、軽井沢のセゾン現代美術館や静岡県立美術館に作品が恒久設置されるなど、日本でもなじみが深い。99年には世界文化賞(絵画部門)を受賞している。長年ドイツのオーデンワルトやブッヘンワルトを拠点としていたが、90年代になって南フランスのバルジャックへと移住した。[暮沢剛巳]
『「特集アンゼルム・キーファー」(『美術手帖』1989年4月号・美術出版社) ▽「特集アンゼルム・キーファー」(『ユリイカ』1993年7月号・青土社) ▽多木浩二著『シジフォスの笑い――アンセルム・キーファーの芸術』(1997・岩波書店) ▽「メランコリア―知の翼―アンゼルム・キーファー」(カタログ。1993・セゾン美術館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キーファーの関連キーワードドナウエッシンゲン西ドイツボイスロートリンゲンギーンゲンクレクリンゲンドイチェスエック統一ドイツヴァルハラ神殿カリヴォダ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キーファーの関連情報