コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギェレループ

2件 の用語解説(ギェレループの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ギェレループ

デンマークの小説家。牧師の養子となり神学を学んだが,ブランデスに傾き,のち仏教に関心を示した。代表作《理想家》《ミンナ》など。ポントピダンとともに1917年ノーベル文学賞受賞。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ギェレループ【Karl Gjellerup】

1857‐1919
デンマークの作家。父の死後3歳で親戚の牧師の養子となり,神学を学んだが,初期の作品では宗教を批判,ブランデス兄弟Georg Brandes,Edvard B.の主張に共鳴する。悲劇《ブリュンヒル》(1884)は古典的で北欧中世の色彩が濃厚な力作で,作者自身これがノーベル賞(1917受賞)の対象だとみていた。その後作風は変遷し,インド思想への関心を示す戯曲や小説を書く。結婚後ほとんど妻の生地ドレスデンに住み,思考もドイツ的となり祖国から遊離した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ギェレループの関連キーワードダンマルクデンマーク語デンマーク体操デンマーク連合王国デンパークハンマー・オブ・エデンフライト・トゥ・デンマークブルー・ハンマーデンマーク温血種 (Danish Warmblood)エヴァソロ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone