コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギェレループ

百科事典マイペディアの解説

ギェレループ

デンマークの小説家。牧師の養子となり神学を学んだが,ブランデスに傾き,のち仏教に関心を示した。代表作《理想家》《ミンナ》など。ポントピダンとともに1917年ノーベル文学賞受賞。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ギェレループ【Karl Gjellerup】

1857‐1919
デンマークの作家。父の死後3歳で親戚の牧師の養子となり,神学を学んだが,初期の作品では宗教を批判,ブランデス兄弟Georg Brandes,Edvard B.の主張に共鳴する。悲劇《ブリュンヒル》(1884)は古典的で北欧中世の色彩が濃厚な力作で,作者自身これがノーベル賞(1917受賞)の対象だとみていた。その後作風は変遷し,インド思想への関心を示す戯曲や小説を書く。結婚後ほとんど妻の生地ドレスデンに住み,思考もドイツ的となり祖国から遊離した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android