コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギエレク Gierek, Edward

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギエレク
Gierek, Edward

[生]1913.1.6. ポロンプカ
[没]2001.7.29. チェシン
ポーランドの政治家。炭鉱事故で父を失い,1923年母とフランスに移住。 1931年フランス共産党に加入。 1934年からベルギーに移り,第2次世界大戦中はドイツに対するポーランド人抵抗組織を指導。 1948年帰国し,1954年クラクフ鉱山冶金大学卒業。 1954年ポーランド統一労働者党中央委員,1956年党政治局員。 1957~70年党カトビツェ州第1書記として労働者層の人気を獲得,1970年末バルト海沿岸都市労働者の暴動の結果ウワディスワフ・ゴムウカが退陣したのに伴い党第1書記に就任 (→グダニスク暴動 ) 。 1975年同職に再任。 1980年自主管理労組「連帯」の設立を要求する労働者との対決の最中,病気を理由に退陣。 1981年党から除名された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ギエレク

ポーランドの政治家。少年時代からフランス,ベルギーで炭鉱労働に従事,この間フランスで共産党入党,ドイツ占領下のベルギーでは抵抗運動に参加。1948年帰国,1954年ポーランド労働者党(共産党の後継組織。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ギエレク【Edward Gierek】

1913‐2001
ポーランドの政治家。カトビツェ県ポロンプカの炭鉱夫の家に生まれる。1923年両親に従ってフランスに渡り,26‐34年炭鉱夫として働く。1931年フランス共産党に加入。34年国外追放となり,帰国して兵役に服する。37年ベルギーに渡り,再び炭鉱夫となる。第2次世界大戦中のドイツによる占領期間中ベルギーの抵抗運動に参加。48年帰国し,ポーランド労働者党(共産党の後継組織。現,統一労働者党)中央委員会の職員となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギエレク
ぎえれく
Edward Gierek
(1913―2001)

ポーランドの政治家。シロンスク出身。鉱山事故で父を失い、渡仏して鉱山で働いた。1931年にフランス共産党に加入、1934年に追放され帰国したが、1937年にベルギー入りし、第二次世界大戦中は同国の対独抵抗運動の指導者の一人となった。1948年に帰国し統一労働者党に加入、カトビーツェ県党委書記などを経て、1956年に党政治局員に就任した。1970年のバルト海地方のストののち、ゴムルカにかわって党第一書記に就任、労働者との対話路線を打ち出した。しかし西側から資本と技術を導入して高度成長を目ざす政策が失敗、1980年夏のゼネストを招き、9月にその地位を辞任、1981年7月には党を除名された。[木戸 蓊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のギエレクの言及

【ポーランド統一労働者党】より

…50年代末から再び硬直化し,68年の三月事件,70年の十二月事件を招いた。70年にゴムルカの後を襲ったギエレクは外資に依存した積極的経済政策をとり,その成功によって党勢を拡大した(1980年7月党員数330万)が,後半に矛盾が表面化し,76年6月,80年8月の労働不安を招いた。80年にギエレクの後を継いだカニアStanisław Kania(1927‐ )は〈連帯〉運動によく対処できず,81年10月職業軍人のヤルゼルスキWojciech Jaruzelski(1923‐ )と交替した。…

※「ギエレク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ギエレクの関連キーワードカニア(Stanisław Kania)チランケビッチポーランド暴動ヤロシェビチギェレク

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android