コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギス Pterothrissus gissu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギス
Pterothrissus gissu

ソトイワシ目ソトイワシ科の海水魚。体長 60cm。体は細長く,背部は暗褐色,腹部は銀白色を呈する。大型で透明,リボン状のレプトケファルス型の幼生期を経る。深海産(→深海魚)。肉はかまぼこの原料とされる。北海道以南の太平洋岸,新潟県沖から鳥取県沖に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギス
ぎす / 義須
deepsea bonefish
[学]Pterothrissus gissu

硬骨魚綱カライワシ目ソトイワシ科に属する海水魚。全長60センチメートルに達し、体は細長く、円鱗(えんりん)で覆われるが、頭部は多孔(たこう)性で無鱗。口は小さく、上顎(じょうがく)の後端は目の前縁下に達しない。尾びれが深く二叉(にさ)し、背びれの基底が長く、ほとんど全背面にわたっている。また、透明な葉形幼生期を経て成長するなどの特徴をもつ。背部は暗褐色で、腹部は白色を帯びる。北海道以南に分布し、太平洋側では高知県沖、日本海側では若狭(わかさ)湾のやや深海に産し、底引網や延縄(はえなわ)で漁獲され、練り製品の材料にされる。[浅野博利]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ギスの関連キーワードアラクシュ・テギン(阿剌忽思的斤)イェスゲイ(也速該)ジョウロウホトトギスチンギスハン国際空港ジャムハ(札木哈)タマガワホトトギスキバナノホトトギスニギス(似義須)チンギスハン空港てっぺんかけたかレプトセファルスチャボホトトギスチンギス・ハーンジンギス汗料理ヤマホトトギスフロギストン説キルギスタンギス(義須)十三翼の戦いジンギス汗鍋

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギスの関連情報