コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギブソン ギブソン Gibson, Edmund

11件 の用語解説(ギブソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギブソン
ギブソン
Gibson, Edmund

[生]1669
[没]1748.9.6.
イギリス国教会の主教,神学者。オックスフォード大学に学んで聖職につき,1716年にリンカーンの主教,23年から 48年までロンドンの主教をつとめる。その間にギブソンは自分も属している高教会派の司祭たちをハノーバー王家と和解させることに尽力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ギブソン
ギブソン
Gibson, John

[生]1790.6.19. ウェールズ,ジッフィン
[没]1866.1.27. ローマ
イギリスの彫刻家。新古典主義の代表者の一人。 1817年にイタリアに渡り A.カノーバに学ぶ。彩色彫刻に特徴がある。主要作『ゼフュロスプシケ』 (1816) ,『マルスキューピット』 (19) ,『彩色ビーナス』 (51~55) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ギブソン
ギブソン
Gibson, Thomas Milner

[生]1806.9.3. トリニダッド
[没]1884.2.25. アルジェリア
イギリスの政治家。 1839年保守党から自由党に転じ,マンチェスター選出の下院議員として R.コブデン,J.ブライトらとともに「穀物法」廃止に尽力。 46~48年商務院副総裁,59~66年同総裁。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ギブソン
ギブソン
Gibson, Wilfrid Wilson

[生]1878.10.2. ノーサンバーランド,ヘクサム
[没]1962.5.26. サリーバージニアウォーター
イギリスの詩人。幼時より詩作を始め,生涯文筆に専念。 1897年『スペクテーター』に初めて作品を発表。 1902年に処女詩集『山の恋人たち』 Mountain Loversを出す。いわゆるジョージ朝詩人の一人として,日常的題材を好んで扱い,また故郷の風物を描く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ギブソン
ギブソン
Gibson, William

[生]1914.11.13. ニューヨーク
アメリカの劇作家。中西部の弁護士と奔放なニューヨーク娘のロマンスを描いた『ふたりシーソー』 Two for the Seesaw (1958) でブロードウェーデビュー。代表作は,少女時代のヘレン・ケラーとその家庭教師アン・サリバン・メイシーの葛藤を感動的に描いた『奇跡の人』 The Miracle Worker (59) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ギブソン
ギブソン
Gibson, William Hamilton

[生]1850.10.5. アメリカ,コネティカット,サンディホック
[没]1896.7.16. アメリカ,コネティカット,ワシントン
アメリカの挿絵画家,文筆家,博物学者。きわめて正確な写実による花や昆虫の絵で知られる。白黒画が多く色彩を用いることは少い。ろうの造花にもすぐれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ギブソン
ギブソン
Gibson, Althea

[生]1927.8.25. サウスカロライナシルバー
[没]2003.9.28. ニュージャージー,イーストオレンジ
アメリカ合衆国テニス選手。全仏選手権大会(1956。→全仏オープン),ウィンブルドン選手権大会(1957,1958),全米選手権大会(1957,1958。→全米オープンテニス選手権大会)の女子シングルスで黒人選手として初めて優勝,テニスの世界で肌の色の壁を打ち破った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ギブソン
ギブソン
Gibson, Mel

[生]1956.1.3. ニューヨーク,ピークスキル
アメリカ合衆国生まれのオーストラリア映画俳優,監督,制作者。フルネーム Mel Columcille Gerard Gibson。12歳のときに家族でオーストラリアに移住。1974年オーストラリア国立演劇学院に入学し,在学中に映画デビュー。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ギブソン
ギブソン
Gibson, William

[生]1948.3.17. コンウェー,サウスカロライナ
アメリカ合衆国のSF作家。フルネーム William Ford Gibson。サイバーパンク運動の第一人者。 1967年高校中退後カナダに旅行し,そのまま住みつきブリティシュコロンビア大学を卒業,学位を取得。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ギブソン

カナダ生れの米国のSF作家。電脳空間呼ばれるコンピューター網の世界を舞台にハッカーたちの行動を独特の文体と近未来風俗によって描いた《ニューロマンサー》(1984年)で一躍脚光を浴び,〈サイバーパンク〉SF作家の草分け的存在となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

飲み物がわかる辞典の解説

ギブソン【Gibson】


カクテルの一種。ドライジン、ドライベルモットをシェークしカクテルグラスに注ぐ。飾りにカクテルピンに刺したパールオニオンを入れる。ショートドリンク。名は1890年代にアメリカで活躍したイラストレーターチャールズ・ダナ・ギブソンに由来する。食前酒。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のギブソンの言及

【カクテル】より

…またエキストラドライマチーニは材料,グラスともに冷やしておき,まずドライベルモットを氷の上から注ぎ,軽くかき回してから氷を残して水分を捨て,その上からジンを注ぎ手早くステアする。オリーブのかわりにパールオニオンと呼ぶ豆粒大のタマネギを使うとギブソンとなる。 フロリダアルコール分なしのカクテル。…

※「ギブソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ギブソンの関連キーワードタスカロラ海淵ピンクニーエスカロープサウスサウスカロライナディープサウスノースカロライナサウス・キャロライナ/愛と追憶の彼方スカイ・クロラ/THE SKY CRAWLERSサウス・カロライナ[州]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ギブソンの関連情報