コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギブソン ギブソンGibson, Edmund

11件 の用語解説(ギブソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギブソン
ギブソン
Gibson, Edmund

[生]1669
[没]1748.9.6.
イギリス国教会の主教,神学者。オックスフォード大学に学んで聖職につき,1716年にリンカーンの主教,23年から 48年までロンドンの主教をつとめる。その間にギブソンは自分も属している高教会派の司祭たちをハノーバー王家と和解させることに尽力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ギブソン
ギブソン
Gibson, John

[生]1790.6.19. ウェールズ,ジッフィン
[没]1866.1.27. ローマ
イギリスの彫刻家。新古典主義の代表者の一人。 1817年にイタリアに渡り A.カノーバに学ぶ。彩色彫刻に特徴がある。主要作『ゼフュロスプシケ』 (1816) ,『マルスキューピット』 (19) ,『彩色ビーナス』 (51~55) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ギブソン
ギブソン
Gibson, Thomas Milner

[生]1806.9.3. トリニダッド
[没]1884.2.25. アルジェリア
イギリスの政治家。 1839年保守党から自由党に転じ,マンチェスター選出の下院議員として R.コブデン,J.ブライトらとともに「穀物法」廃止に尽力。 46~48年商務院副総裁,59~66年同総裁。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ギブソン
ギブソン
Gibson, Wilfrid Wilson

[生]1878.10.2. ノーサンバーランド,ヘクサム
[没]1962.5.26. サリーバージニアウォーター
イギリスの詩人。幼時より詩作を始め,生涯文筆に専念。 1897年『スペクテーター』に初めて作品を発表。 1902年に処女詩集『山の恋人たち』 Mountain Loversを出す。いわゆるジョージ朝詩人の一人として,日常的題材を好んで扱い,また故郷の風物を描く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ギブソン
ギブソン
Gibson, William

[生]1914.11.13. ニューヨーク
アメリカの劇作家。中西部の弁護士と奔放なニューヨーク娘のロマンスを描いた『ふたりシーソー』 Two for the Seesaw (1958) でブロードウェーデビュー。代表作は,少女時代のヘレン・ケラーとその家庭教師アン・サリバン・メイシーの葛藤を感動的に描いた『奇跡の人』 The Miracle Worker (59) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ギブソン
ギブソン
Gibson, William Hamilton

[生]1850.10.5. アメリカ,コネティカット,サンディホック
[没]1896.7.16. アメリカ,コネティカット,ワシントン
アメリカの挿絵画家,文筆家,博物学者。きわめて正確な写実による花や昆虫の絵で知られる。白黒画が多く色彩を用いることは少い。ろうの造花にもすぐれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ギブソン
ギブソン
Gibson, Althea

[生]1927.8.25. サウスカロライナシルバー
[没]2003.9.28. ニュージャージー,イーストオレンジ
アメリカ合衆国テニス選手。全仏選手権大会(1956。→全仏オープン),ウィンブルドン選手権大会(1957,1958),全米選手権大会(1957,1958。→全米オープンテニス選手権大会)の女子シングルスで黒人選手として初めて優勝,テニスの世界で肌の色の壁を打ち破った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ギブソン
ギブソン
Gibson, Mel

[生]1956.1.3. ニューヨーク,ピークスキル
アメリカ合衆国生まれのオーストラリア映画俳優,監督,制作者。フルネーム Mel Columcille Gerard Gibson。12歳のときに家族でオーストラリアに移住。1974年オーストラリア国立演劇学院に入学し,在学中に映画デビュー。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ギブソン
ギブソン
Gibson, William

[生]1948.3.17. コンウェー,サウスカロライナ
アメリカ合衆国のSF作家。フルネーム William Ford Gibson。サイバーパンク運動の第一人者。 1967年高校中退後カナダに旅行し,そのまま住みつきブリティシュコロンビア大学を卒業,学位を取得。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ギブソン

カナダ生れの米国のSF作家。電脳空間呼ばれるコンピューター網の世界を舞台にハッカーたちの行動を独特の文体と近未来風俗によって描いた《ニューロマンサー》(1984年)で一躍脚光を浴び,〈サイバーパンク〉SF作家の草分け的存在となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

飲み物がわかる辞典の解説

ギブソン【Gibson】


カクテルの一種。ドライジン、ドライベルモットをシェークしカクテルグラスに注ぐ。飾りにカクテルピンに刺したパールオニオンを入れる。ショートドリンク。名は1890年代にアメリカで活躍したイラストレーターチャールズ・ダナ・ギブソンに由来する。食前酒。

出典|講談社
飲み物がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内のギブソンの言及

【カクテル】より

…またエキストラドライマチーニは材料,グラスともに冷やしておき,まずドライベルモットを氷の上から注ぎ,軽くかき回してから氷を残して水分を捨て,その上からジンを注ぎ手早くステアする。オリーブのかわりにパールオニオンと呼ぶ豆粒大のタマネギを使うとギブソンとなる。 フロリダアルコール分なしのカクテル。…

※「ギブソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ギブソンの関連キーワードシャクシャイン石田未得大槻朝元吉田文三郎(初代)寛延ピカレスク小説悪漢小説朝鮮人遺骨問題石田未得後楽園

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ギブソンの関連情報