コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギベリン ギベリン Ghibelline

4件 の用語解説(ギベリンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ギベリン(Ghibelline)

中世末期のイタリア諸都市で、神聖ローマ帝国皇帝を支持してゲルフ(教皇派)と争った党派。皇帝派。皇帝党。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ギベリン

中世末期,聖職叙任権闘争に続く神聖ローマ皇帝ローマ教皇の対立時代の皇帝派。イタリア語ではギベリノGhibellino。ゲルフ(教皇派)と対立。北イタリアビスコンティ家,ドイツの封建貴族など富裕市民層に勢力を張った。
→関連項目アンジュー[家]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ギベリン【Ghibelline】

イタリア中世史の用語で〈皇帝派〉を意味する。イタリア語ではギベリノGhibellino。ゲルフ(〈教皇派〉)と対比して用いられる。この語は,12,13世紀に皇帝として積極的なイタリア政策を展開したシュタウフェン家の居城ウィーベリング(現,ワイプリンゲン)の名に由来するといわれる。広く使われるようになったのは,13世紀前半にフリードリヒ2世シチリアに強固な支配を確立した時代である。都市や諸侯はギベリンとゲルフに分かれて争ったし,都市内では両派が政権を奪いあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ギベリン【Ghibelline】

中世末期のイタリアで、教皇と対立した神聖ローマ帝国皇帝を支持した勢力。また、その成員。皇帝派。 ↔ ゲルフ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のギベリンの言及

【ゲルフ】より

…シュタウフェン家の皇帝に対抗したドイツ,ザクセンの大貴族ウェルフェン家の名に由来するが,反シュタウフェン家を示す名称として借用されたもの。13世紀前半に広く普及し,皇帝フリードリヒ2世側のギベリン(〈皇帝派〉)に対抗する勢いを示した。1250年のフリードリヒの死後,ゲルフの間では教皇を中心に,フランスからシャルル・ダンジューを招いてシチリア王とする計画が進められ,66年に実現した。…

※「ギベリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ギベリンの関連キーワードイタリアンゲルフインペラトーレ城カロリーノの水道橋ラ・ピーニャV・ファーレン長崎アルジェンタバルケッタイタリアン・コルソ・ドッグデュベティカ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone