コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギベリン Ghibelline

百科事典マイペディアの解説

ギベリン

中世末期,聖職叙任権闘争に続く神聖ローマ皇帝とローマ教皇の対立時代の皇帝派。イタリア語ではギベリノGhibellino。ゲルフ(教皇派)と対立。北イタリアのビスコンティ家,ドイツの封建貴族など富裕市民層に勢力を張った。
→関連項目アンジュー[家]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ギベリン【Ghibelline】

イタリア中世史の用語で〈皇帝派〉を意味する。イタリア語ではギベリノGhibellino。ゲルフ(〈教皇派〉)と対比して用いられる。この語は,12,13世紀に皇帝として積極的なイタリア政策を展開したシュタウフェン家の居城ウィーベリング(現,ワイプリンゲン)の名に由来するといわれる。広く使われるようになったのは,13世紀前半にフリードリヒ2世がシチリアに強固な支配を確立した時代である。都市や諸侯はギベリンとゲルフに分かれて争ったし,都市内では両派が政権を奪いあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ギベリン【Ghibelline】

中世末期のイタリアで、教皇と対立した神聖ローマ帝国皇帝を支持した勢力。また、その成員。皇帝派。 ↔ ゲルフ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のギベリンの言及

【ゲルフ】より

…シュタウフェン家の皇帝に対抗したドイツ,ザクセンの大貴族ウェルフェン家の名に由来するが,反シュタウフェン家を示す名称として借用されたもの。13世紀前半に広く普及し,皇帝フリードリヒ2世側のギベリン(〈皇帝派〉)に対抗する勢いを示した。1250年のフリードリヒの死後,ゲルフの間では教皇を中心に,フランスからシャルル・ダンジューを招いてシチリア王とする計画が進められ,66年に実現した。…

※「ギベリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ギベリンの関連キーワードエッツェリーノ・ダ・ロマーノビスコンティ[家]ハインリヒ(7世)教皇派と皇帝派グイニツェッリフィレンツェフリードリヒ教皇領国家イタリア史マルシリオグェルフ党ダンテシエナ