クエッタ

百科事典マイペディアの解説

クエッタ

パキスタン中西部,バルーチスターン地方の主都(標高約1600m)。アフガニスタンイランとの交易要路カナート灌漑(かんがい)による果樹園が多く,各種工業もある。1876年英領,1935年大地震で壊滅後再建。陸軍士官学校(1907年創立),地球物理学観測所がある。98万8000人(2012)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉の解説

クエッタ(Quetta)

パキスタン西部、バルチスタン州の都市。同州の州都。標高約1600メートルの高原上に位置する。降水量が少なく昼夜の寒暖差が激しい。周辺では灌漑(かんがい)によるメロン、ザクロブドウの生産が盛ん。アフガニスタン、イラン、インダス平原を結ぶ交通路交点に位置し、古くから交易の要衝として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

クエッタ【Quetta】

パキスタン西部,バルーチスターン州の州都。人口35万(1991)。地名はバシュトゥーン語のカワター(城塞の意)に由来する。標高約1600mのイラン高原東端部にあり,年降水量は195mmと少ない。アフガニスタンのカンダハールからボーラーン峠を経てインダス平原へ至る交通路と,イランからの交通路との交点を占め,北からの果物,皮革,羊毛,南からの穀物,茶などを集散する交易都市として栄えてきた。周辺は地下水路(カレーズ)によって灌漑される果樹園が多く,メロン,ブドウ,ザクロなどを産する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クエッタ
くえった
Quetta

パキスタン西部、バルーチスターン州の州都。人口56万0307(1998)。地名はパシュトー語のカワター(城塞(じょうさい)の意)に由来する。標高約1600メートルの乾燥した高原上に位置する。北のアフガニスタン、西のイランからインダス川の河谷に至る交通路の交点にあり、軍事上、交易上の要衝を占めてきた。周辺はブドウ、ザクロなどの果樹園が多く、食品、化学、繊維などの工業も立地する。南東方のデーガリには炭田がある。[応地利明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

クエッタ

(Quetta) パキスタン中西部の都市。アフガニスタンとの国境に近く、古くからインドと西アジアを結ぶ文化交流、および交易の地として栄えた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クエッタの関連情報