コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クコ(枸杞) クコ Lycium chinense; boxthorn

3件 の用語解説(クコ(枸杞)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クコ(枸杞)
クコ
Lycium chinense; boxthorn

ナス科の落葉性低木。川の土手などに多く生える。東アジアの熱帯から温帯に広く分布する。数枚の葉が集ってつき,夏に径 1cmほどの淡紫色5弁の花をつける。若葉は食用,薬用となり,飯にたきこんだものを「クコめし」という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クコ(枸杞)【クコ】

本州〜沖縄の野原や川岸にはえるナス科の落葉低木。東アジアにも分布する。茎は細く,枝分れし,たれ下がるものがあり,ときにとげがあるものもある。葉は倒披針形で長さ2〜4cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クコ【クコ(枸杞) box thorn】

古来不老長寿の効ありとして薬用に用いるナス科の小低木。日本全土に分布し,川の土手などの明るいやぶに生える。またしばしば栽植される。茎は高さ1~2m,多数叢生し,よく分枝する。枝は灰褐色で細長い縦縞があり,小枝はとげに変形する。葉は数個ずつ集まってつき,長楕円形。花は8~9月に葉腋(ようえき)に1~数個つき,花冠は淡紫色。液果は楕円形で長さ1.5~2cm,熟した果皮は光沢のある赤色。日本から朝鮮・中国・台湾に分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クコ(枸杞)の関連キーワード有りと有る五石白木耳ハスカップ不老長寿薬用酵母上薬長寿の祝い手長足長福寿海