コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサカリツボダイ クサカリツボダイ Pseudopentaceros wheeleri

3件 の用語解説(クサカリツボダイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クサカリツボダイ
クサカリツボダイ
Pseudopentaceros wheeleri

スズキ目カワビシャ科の海水魚。体長 50cmになる。体はやや細長く,側扁する。頭部は露出した骨に覆われる。鱗は櫛鱗で粗雑である。腹鰭のとげは強大。体色は一様に茶褐色で,腹部は淡色。幼魚期には,体側に雲状斑がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

クサカリツボダイ

 [Pseudopentaceros wheeleri].スズキ目カワビシャ科の海産魚.約50cmになる食用魚.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クサカリツボダイ
くさかりつぼだい / 草刈壺鯛
pelagic armorhead
[学]Pentaceros richardsoni

硬骨魚綱スズキ目カワビシャ科に属する海水魚。千葉県南部沖や伊豆諸島八丈島からまれに漁獲されたが、近年、北太平洋中部の水深300~500メートルの平頂海山に多量に生息していることがわかった。全長40センチメートルに達し、体は長楕円(ちょうだえん)形で側扁(そくへん)する。近縁種のツボダイよりも体高が低い。吻(ふん)端はとがり、口は小さい。鱗(うろこ)は硬く粗雑。背びれ、臀(しり)びれ、腹びれなどの棘(とげ)は強大であるが、ツボダイよりは短い。体色は褐色で、腹方は淡い。稚魚は日本近海では見当たらず、アリューシャン列島方面で記録されている。底引網で漁獲され、食用にされる。[片山正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クサカリツボダイの関連キーワード赤羽太赤鯥瘤鯛胡麻鯖雀鯛燕鰶葉血引壺鯛目仁奈

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone