コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クサガメ クサガメ Geoclemys reevesii

3件 の用語解説(クサガメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クサガメ
クサガメ
Geoclemys reevesii

カメ目カメ科。甲長 25cm内外。背甲は暗褐色で,甲板の縁は黄緑色の細い線で縁どられる。頭部側面には多数の黄色条がある。淡水生で,肉食傾向の強い雑食性。6~8月頃,水辺の地中に産卵する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クサガメ

ヌマガメ科。甲長10〜25cm,甲の背腹面とも黒紫色で,鱗板を黄色の線が縁どる。本州,四国,九州,朝鮮半島,台湾,中国に分布。日本では本州の中部以西の池に特に多く,ペットにされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クサガメ
くさがめ / 臭亀
reeves turtle
[学]Chinemys reevesi

爬虫(はちゅう)綱カメ目ヌマガメ科のカメ。日本の公園や社寺の池で普通にみられる。本州、四国、九州および対馬(つしま)などの離島、国外では朝鮮半島、中国東部、台湾に分布する。和名のクサガメは、自衛のため腋下腺(えきかせん)や鼠径腺(そけいせん)から悪臭を出すことに由来する。甲長10~25センチメートル、雌は雄よりも大きくなる。背甲は低く3条の隆起した畝(うね)があり周縁は滑らかである。頭頂部の後半が細鱗(さいりん)に覆われる。池や川の淡水にすみ、昼間は岸辺で日光浴をするが、それほど神経質でなく人にもなれる。餌(えさ)は淡水魚や水生生物であるが、飼育下ではレバーやコマツナも食べる雑食性である。初夏に岸辺に穴を掘り、10個前後を産卵する。最近では本種の子ガメもゼニガメ(本来はニホンイシガメの子をよぶ)とよばれ、また国外産はキンセンガメと名づけられペットにされる。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クサガメの関連キーワードマタマタ長亀亀井背甲噛付亀臭亀瑇瑁アオクサカメムシイネカメムシクロカメムシ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クサガメの関連情報