コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クノー クノー Queneau, Raymond

4件 の用語解説(クノーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クノー
クノー
Queneau, Raymond

[生]1903.2.21. ルアーブル
[没]1976.10.25. パリ
フランスの小説家,詩人。パリ大学で哲学を学び,1925年頃シュルレアリスム運動に参加,グループの機関誌『シュルレアリスム革命』 (1924創刊) に協力したが,30年に脱退。小説『はまむぎ』 Le Chiendent (33) ,『きびしい冬』 Un rude hiver (39) ,『わが友ピエロ』 Pierrot mon ami (42) ,『地下鉄のザジ』 Zazie dans le métro (59) ,『青い花』 Les Fleurs bleues (65) などでは,皮肉と寛容に満ちたユーモアでさまざまな人物,ことに庶民をいきいきと描き,話し言葉を活用し造語を交えたおどけた文体はきわめて技巧的である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クノー

フランスの詩人,小説家。シュルレアリスムを経て小説《はまむぎ》で出発。《文体演習》等で言語表現の可能性を拡大,ヌーボー・ロマンの先駆的小説《わが友ピエロ》(1942年)や《地下鉄のザジ》(1959年)等も書く。
→関連項目マルレリス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クノー【Raymond Queneau】

1903‐76
フランスの小説家,詩人。最初シュルレアリスムの運動に加わったが,ほどなく離脱した。以後しだいに言語の問題に関心を深めて,処女小説《はまむぎ》(1933)によって日常言語書き言葉のうちに導入するとともに,数学的な世界観に支えられた独自な文学作法を確立,以後,小説《わが友ピエロ》(1942),《地下鉄のザジ》(1959),詩集《柏と犬》(1937),《運命の瞬間》(1948),一つの短いできごとを99通りの文体で書き分けた《文体練習》(1947)などの作品を発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

クノー【Raymond Queneau】

1903~1976) フランスの小説家・詩人。小説形式や技法、言語への意識的取り組みなどの先駆性により評価される。小説「はまむぎ」「地下鉄のザジ」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クノーの関連キーワードOFケーブルルアーブルサイドテーブル地下ケーブルアーブエンジェル・アット・マイ・テーブルルアーマガジン・ソルトマーブル・アーチソフトルアーダブルアップ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クノーの関連情報