クマシデ(英語表記)Carpinus japonica; hornbeam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クマシデ
Carpinus japonica; hornbeam

カバノキ科の落葉高木で,主として山地谷筋などに生える。葉は長楕円形で,側脈は 20~24対ある。材は器具材,薪炭材などに使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

クマシデ

オオソネとも。本州〜九州の山野にはえるカバノキ科の落葉高木。樹皮暗褐色で縦に鱗状に裂ける。葉は長楕円形で先は鋭くとがり,縁には細く鋭い重鋸歯(きょし)があり,15〜24対の顕著な側脈が並行する。雌雄同株。4〜5月,新葉と同時に開花。雄花穂は黄褐色で前年の枝から尾状にたれ,雌花穂は緑色で,新枝の先に密につく。果穂は大きく,長楕円形で,葉状の包鱗が密生し,たれ下がる。材は薪炭用。イヌシデは果穂が小さく,樹皮は平滑で縦の浅い割れ目があり,朝鮮半島,中国にも分布。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クマシデ【Japanese hornbeam】

山地に生えるカバノキ科の落葉高木で,樹皮は縦に細かくはげる(イラスト)。枝は細く,初めは長毛があるが,後に無毛となる。葉は互生で,卵状長楕円形,基部はやや心形または円形で,縁には重鋸歯がある。側脈は明らかで,平行して走り,20脈以上がある。雌雄同株だが,別々の尾状花序を出す。雄花序は前年枝の葉腋(ようえき)に出て,新芽の開出時に,長く尾状に垂れ下がり,花粉を散らす。雌花序は新枝の先端につく。鱗片状の苞の腋に2花があり,それぞれの花の基部には小苞がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマシデ
くましで / 熊四手
[学]Carpinus japonica Bl.

カバノキ科の落葉高木。高さ12メートルくらいであるが、20メートル以上になるものもある。老木の樹皮は黒褐色で浅く割れる。葉は狭卵形で長さ6~11センチメートル、20~24対の側脈がある。ほかのシデ類より葉の側脈数が多い。雌雄同株で、5月ころ芽が開くと同時に開花する。秋には大形の円柱状の果穂が垂れ下がる。果穂の包葉は密につき、基部には堅果を抱く。山地の広葉樹林内に普通にみられ、岩手県以西の本州、四国、九州に分布する。材は堅く、玩具(がんぐ)、農具の柄(え)、炭、シイタケ原木などに用いる。イヌシデより全体がより壮大なのでこの名があるといわれる。[菊沢喜八郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android