クマラスワミ報告

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

クマラスワミ報告

国連人権委員会の「女性に対する暴力」の特別報告官だったスリランカの法律家、ラディカ・クマラスワミ氏が1996年に戦時中の旧日本軍の慰安婦問題についてまとめた報告。慰安婦を「軍事的性奴隷」と位置づけ、日本政府に法的責任を認めることや、被害者への補償など6項目を勧告した。報告作成にあたって日本や韓国を訪問し、元慰安婦や研究者らに聞き取りをした。
 報告は、慰安婦を強制連行したとする吉田清治氏の著作を、現代史家・秦郁彦氏の反論とあわせて引用しているが、朝日新聞などメディアの報道については直接引用していない。

(2014-10-16 朝日新聞 朝刊 4総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

クマラスワミ‐ほうこく【クマラスワミ報告】

国連人権理事会(当時は国連人権委員会)に提出された、女性に対する暴力に関する報告書の通称。家庭内での女性への暴力と各国の法制度について調査・分析したもので、スリランカの法律家ラディカ=クマラスワミが1996年に提出した。第二次世界大戦中の従軍慰安婦問題についてまとめた付属文書1では、日本政府に対して被害者への補償・謝罪、関係者の処罰を行うよう勧告している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クマラスワミ報告
くまらすわみほうこく
Coomaraswamy Report

国連が公式に調査・提出した女性に対する暴力に関する報告書。国連人権委員会(現、人権理事会)の決議に基づき、「女性に対する暴力」特別報告官であったスリランカの法律家ラディカ・クマラスワミRadhika Coomaraswamy(1953― )が調査・報告したことから彼女の名がついている。報告書は本文のほか、第1付属文書、第2付属文書からなり、このうち1996年に提出された第1付属文書は旧日本軍の従軍慰安婦問題を取り上げている。これを機に、従軍慰安婦問題は日本と韓国をはじめとするアジア諸国との間の外交問題に発展したほか、慰安婦問題について日本政府に歴史的責任と謝罪を求めた2007年のアメリカ下院決議採択などに影響したとされる。
 クマラスワミは1994年に国連人権委員会の特別報告官に就任し、2002年まで毎年、国連人権委員会へ家庭内暴力などの女性への暴力とその原因や結果に関する報告書を提出した。また、日本、韓国、北朝鮮を訪問(うち北朝鮮は代理人が訪問)し、元慰安婦、元軍人、政府関係者、歴史研究者らから聞き取り調査を行い、1996年に第1付属文書「戦時における軍の性奴隷制度問題に関して、朝鮮民主主義人民共和国、大韓民国及び日本への訪問調査に基づく報告書」を提出した。同文書は、慰安婦を「軍事的性奴隷」であると規定し、日本政府に対して(1)国際法違反を認め、法的責任を受け入れる、(2)元慰安婦に個人補償をする、(3)慰安所などに関する書類や資料を完全に公開する、(4)被害者に書面による公的謝罪をなす、(5)教育カリキュラムを改正し慰安婦問題への認識を高める、(6)徴集などにかかわった責任者をできる限り処分する、以上の合計6項目を勧告した。国連人権委員会はクマラスワミの活動を「歓迎」し、付属文書を含むクマラスワミ報告書に「留意」するとして報告書を採択した。ただし第1付属文書は、植民地であった韓国・済州島(さいしゅうとう)で慰安婦を強制連行したとする吉田清治(1913―2000)の証言を引用。2014年(平成26)8月に、朝日新聞社がその証言は虚偽であったとして一連の慰安婦報道を取り消すと発表した。これを受け、日本政府は同報告の一部を修正するよう要求したが、クマラスワミは「報告者の立場を離れており、修正などをする立場にない」「(吉田証言は)慰安婦の証拠の一つに過ぎない」などとして修正を拒否した。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クマラスワミ報告の関連情報