クライバー(読み)くらいばー(英語表記)Carlos Kleiber

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クライバー(Carlos Kleiber)
くらいばー
Carlos Kleiber
(1930―2004)

オーストリアの指揮者。往年の名指揮者エーリヒ・クライバーの子息。ベルリン生まれ。父の反対を押し切って指揮者となり、1954年からポツダム、デュッセルドルフ、チューリヒ、シュトゥットガルトの歌劇場で指揮、68年以来、ミュンヘンのバイエルン国立歌劇場を中心に活動した。このオペラとともに74年(昭和49)に初来日、洗練された感覚と華麗な感情表出力をみせ、注目を集めた。82年からはウィーン国立歌劇場でも定期的に指揮、オペラとコンサートの両分野で個性的な指揮ぶりを披露し、高い支持を得た。とりわけリヒャルト・シュトラウス、ワーグナーを得意とした。[岩井宏之]
『石戸谷結子著『マエストロに乾杯』(1994・共同通信社) ▽吉田秀和著『音楽のある場所――CD・LD30選』(1995・新潮社) ▽吉田秀和著『吉田秀和作曲家論集5 ブラームス』(2002・音楽之友社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クライバーの関連情報