コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラウゼウィッツ クラウゼウィッツ Clausewitz, Carl von

2件 の用語解説(クラウゼウィッツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラウゼウィッツ
クラウゼウィッツ
Clausewitz, Carl von

[生]1780.6.1. マクデブルクブルク
[没]1831.11.16. ブレスラウ(現ポーランドウロツワフ)
ドイツプロシアの陸軍軍人,戦史家。中産階級の家に生れ,1792年にプロシア軍に入り,93~94年のライン作戦中に士官に任官。 1801年ベルリンの士官養成学校に入学。アウグスト公の副官としてナポレオン軍とのイェナの戦い (1806) に参加し,捕虜となったが,08年に釈放された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラウゼウィッツ
くらうぜうぃっつ
Karl von Clausewitz
(1780―1831)

プロイセンの軍人、軍制改革者、軍事理論家。プロイセン軍の少年兵としてフランス革命への干渉戦に参加したのち、ベルリンの士官学校に進む。ここで校長であったシャルンホルストから決定的影響を受け、プロイセン改革に際してはその片腕として軍制改革を推進した。1812年プロイセンのナポレオンとの軍事同盟締結に反対してロシアへ脱出し、1814年プロイセン軍復帰を許可されるまでロシア軍人として解放戦争を戦った。帰国後、士官学校長などを経てポーランド反乱監視軍の参謀長となったが、コレラがもとで没した。死後、戦争理論の古典的名著『戦争論』が出版(1832)された。[岡崎勝世]
『郷田豊著『クラウゼウィッツの生涯』(1982・日本工業新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クラウゼウィッツの関連キーワードマクデブルクマクデブルクの半球でくでくでぶでぶマグデブルクマグデブルクの半球マグデブルク越境工作マグデブルク・テレマン音楽祭マクデブルク大聖堂マクデブルク法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone