クラス・アクション(英語表記)class action

翻訳|class action

世界大百科事典 第2版の解説

クラス・アクション【class action】

アメリカ合衆国で発展した訴訟方式の一つで,集団代表訴訟代表当事者訴訟集合訴訟などと訳される。クラスアクションは,利害共通にする多数の集団(クラス)のメンバーのうちの1人または数人に,メンバー全員を代表する当事者となって訴訟を行することを許し,その結果得た判決には,その全員が,たとえ現実に訴訟に関与していなくとも,拘束されるものとして,多数人の紛争を一挙に解決することを可能とする制度である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android