クラビコード(英語表記)clavichord

  • Klavichord ドイツ語
  • clavichord 英語
  • clavicorde フランス語
  • clavicordio イタリア語

翻訳|clavichord

百科事典マイペディアの解説

小型の鍵盤(けんばん)楽器。鍵を押すと弦の下の金属片が上がって弦を打つと同時に,振動すべき弦長に区切る働きをする。このためタッチは特殊だが,強弱とビブラートがある程度つけられる。ルネサンス期から18世紀末まで使用され,ことにC.P.E.バッハらの〈多感様式〉では重要な楽器。→ハープシコード

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

鍵盤楽器一種。名称はラテン語のclavis(鍵)とchorda(弦)に由来する。鍵盤をもつ弦鳴楽器としては最も古く,構造も簡単で音量も小さい。クラビコードは音律測定用に使われたモノコードmonochord(モノコルドともいい,1本の弦を張り,その振動を利用する楽器または器具)が発展したものといわれる。同時に複数の音が出せるように弦の数が増やされ,を動かさなくても求める音の高さが得られるように,オルガンからヒントを得て鍵盤が備えつけられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハープシコードとともに、ピアノの前身となった鍵盤(けんばん)楽器。ハープシコードが弦を掻(か)いて音を出すのに対し、クラビコードは、鍵を下げると鍵の反対側が上がり、そこに取り付けられたタンジェントとよばれる真鍮(しんちゅう)の楔(くさび)で弦を下から打つことで音を出す。クラビコードの起源は、モノコルドや、その弦を複数にしたポリコルドに鍵盤をつけたことにあり、15世紀ごろまでにはその原形ができていたと考えられ、16~18世紀のバロック時代にかけてヨーロッパで広く用いられた。

 クラビコードは長方形の胴をもち、胴の長辺の側に鍵盤を配し、弦は鍵盤と平行に(長辺方向に)張られている。初期には、1本の弦を2~4の鍵で共用できる仕組み(共有弦)になっていたが、18世紀には1鍵対1弦(専有弦)になって演奏の自由さは向上し、音域も最終的には5オクターブにまで広げられた。ただし、共有弦の楽器のほうが音色は優れているともいわれる。クラビコードは音量がごく小さいため、もっぱら家庭用の楽器として愛好された。微妙な強弱の変化をつけることが可能で、打鍵後もタンジェントが弦に触れていることを利用して、打鍵のあとに何度か圧力をかけ直して一種のビブラート効果を得るベーブンク奏法のような、独自の奏法も考案された。

[前川陽郁]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (clavichord) 有鍵打弦楽器の一つ。ハープシコードとともにピアノの前身にあたる。長方形の木箱の左三分の二に鍵盤があり、鍵を叩くとその先端の真鍮片が下から弦を打って音を出す。右三分の一は響板。一六~一八世紀のバロック時代にかけてヨーロッパで広く用いられた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のクラビコードの言及

【鍵盤楽器】より

…一方,リード・オルガンやアコーディオンは,鍵の操作によってフリー・リードを振動させる。弦鳴鍵盤楽器の中には,撥弦によるもの(ハープシコード属)と打弦によるもの(クラビコード,ピアノ)の2種類がある。体鳴鍵盤楽器は,鍵盤の操作によって鉄製の平板をフェルトハンマーで打つチェレスタによって代表される。…

※「クラビコード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フロッピーディスク

プラスチック製の円盤に磁性体を塗布し、それをジャケットに収めた記憶媒体。ディスケットとも呼ぶ。初期は5.25インチ、8インチなどの大きさのものもあったが、1980年にソニーが開発した3.5インチのもの...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android