コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラビコード クラビコード clavichord

翻訳|clavichord

6件 の用語解説(クラビコードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラビコード
クラビコード
clavichord

15~18世紀に使われた鍵盤のついた四角形打弦楽器。弦を張った共鳴箱をテーブルの上に置いて奏し,鍵盤を押すと,真鍮製の小片が弦を打って音を出す。ピアノの前身。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

クラビコード(clavichord)

主に16~18世紀にヨーロッパで用いられた鍵盤(けんばん)楽器長方形の箱形で、鍵盤の奥に取り付けた金属小片が下から弦を突き上げて音を発する。音量はきわめて小さい。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

クラビコード

小型の鍵盤(けんばん)楽器。鍵を押すと弦の下の金属片が上がって弦を打つと同時に,振動すべき弦長に区切る働きをする。このためタッチは特殊だが,強弱とビブラートがある程度つけられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クラビコード【clavichord】

鍵盤楽器の一種。名称はラテン語のclavis(鍵)とchorda(弦)に由来する。鍵盤をもつ弦鳴楽器としては最も古く,構造も簡単で音量も小さい。クラビコードは音律測定用に使われたモノコードmonochord(モノコルドともいい,1本の弦を張り,その振動を利用する楽器または器具)が発展したものといわれる。同時に複数の音が出せるように弦の数が増やされ,駒を動かさなくても求める音の高さが得られるように,オルガンからヒントを得て鍵盤が備えつけられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

クラビコード【clavichord】

一五~一九世紀初頭にかけて用いられた鍵盤楽器。長方形の箱形で、鍵盤を押すとその先端の金属小片が弦をたたいて音を出す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラビコード
くらびこーど
clavichord英語
Klavichordドイツ語
clavicordeフランス語
clavicordioイタリア語

ハープシコードとともに、ピアノの前身となった鍵盤(けんばん)楽器。ハープシコードが弦を掻(か)いて音を出すのに対し、クラビコードは、鍵を下げると鍵の反対側が上がり、そこに取り付けられたタンジェントとよばれる真鍮(しんちゅう)の楔(くさび)で弦を下から打つことで音を出す。クラビコードの起源は、モノコルドや、その弦を複数にしたポリコルドに鍵盤をつけたことにあり、15世紀ごろまでにはその原形ができていたと考えられ、16~18世紀のバロック時代にかけてヨーロッパで広く用いられた。
 クラビコードは長方形の胴をもち、胴の長辺の側に鍵盤を配し、弦は鍵盤と平行に(長辺方向に)張られている。初期には、1本の弦を2~4の鍵で共用できる仕組み(共有弦)になっていたが、18世紀には1鍵対1弦(専有弦)になって演奏の自由さは向上し、音域も最終的には5オクターブにまで広げられた。ただし、共有弦の楽器のほうが音色は優れているともいわれる。クラビコードは音量がごく小さいため、もっぱら家庭用の楽器として愛好された。微妙な強弱の変化をつけることが可能で、打鍵後もタンジェントが弦に触れていることを利用して、打鍵のあとに何度か圧力をかけ直して一種のビブラート効果を得るベーブンク奏法のような、独自の奏法も考案された。[前川陽郁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクラビコードの言及

【鍵盤楽器】より

…一方,リード・オルガンやアコーディオンは,鍵の操作によってフリー・リードを振動させる。弦鳴鍵盤楽器の中には,撥弦によるもの(ハープシコード属)と打弦によるもの(クラビコード,ピアノ)の2種類がある。体鳴鍵盤楽器は,鍵盤の操作によって鉄製の平板をフェルトハンマーで打つチェレスタによって代表される。…

※「クラビコード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クラビコードの関連キーワード鍵盤楽器スピネットバージナルクラビーア白鍵気鳴鍵盤楽器鍵盤楽器タブラチュア弦鳴鍵盤楽器体鳴鍵盤楽器電鳴鍵盤楽器

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クラビコードの関連情報