コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラフト・ユニオン craft union

翻訳|craft union

1件 の用語解説(クラフト・ユニオンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クラフト・ユニオン【craft union】

職能別組合または職業別組合と訳され,労働組合の古典的形態である。同一種類の技能をもつ熟練労働者によって組織され,徒弟制度での一定期間の修業を終えたもの,というような厳しい加入資格を定めているものが多かった。沿革は中世の職人ギルド(〈手工業ギルド〉の項参照)にさかのぼることができ,当初は自営職人の組織であったが,資本主義の発達にともない賃金労働者の組織に再編された。イギリスで最も発達し,1851年全国的組織として組織された合同機械工組合Amalgamated Society of Engineersが代表的なものであり,他の職業でもこれにならって数多く結成された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のクラフト・ユニオンの言及

【労働組合】より

…経営参加制度には労働組合の機能とはせずに,非組合員を含む従業員全体を基盤とする制度もある。
【労働組合の発展】

[クラフト・ユニオンcraft union]
 労働組合の歴史の初期に組織された労働組合の形態は,多くの場合,労働者の技能ごとに組織されたクラフト・ユニオン(職業別組合あるいは職能別組合)であった。このような組織が形成された理由は,労働組合が成立しはじめた19世紀中ごろの資本主義においては,使用者はその事業に必要な技能労働者をそのつど募集して雇用し,労働者も有利な労働条件を求めて使用者間を移動することが多く,労働市場が横断的な職種別労働市場の性格を強くもっていたからであった。…

【労働組合】より

…つまり労働組合は,一定の範囲の労働市場の労働者を組織して,使用者が労働組合と取引することなしには必要な労働者を獲得できない状態をつくり出し,そのうえで労働条件の交渉を行うのである。その労働市場の範囲のあり方にしたがって労働組合の形態は,職業別組合(クラフト・ユニオン),産業別組合一般組合,あるいは日本に多い企業別組合というような,さまざまな組織形態に分かれる。この労働市場のあり方は時代により国によって異なるため,労働組合の組織形態もこれらの条件にしたがって変化している。…

※「クラフト・ユニオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クラフト・ユニオンの関連情報