コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラミドモナス Chlamydomonas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラミドモナス
Chlamydomonas

オオヒゲマワリ目クラミドモナス科の最も下等な緑藻類の1属。藻体は微小で楕円体あるいは卵形単細胞,単核,壺状の葉緑体ピレノイドを内蔵し,頂端に眼点がある。等長の2鞭毛を出している。分裂によって増殖するが,2個体間に接合が起ることも知られる。きわめて普通に貯水槽,池などの水たまりで発見されるが,被嚢の形で休眠することもある。分類学上ボルボックス目に入れられる一方コナヒゲムシと名づけ,鞭毛生物として扱われることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

クラミドモナス(〈ラテン〉Chlamydomonas)

クラミドモナス属の緑藻の総称。約300種が知られ、主に淡水に、また海水や氷雪上にも生じる。単細胞で、2本の鞭毛(べんもう)で運動する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

クラミドモナス

ボルボックス目クラミドモナス科の単細胞緑藻の1属。体は球形で径10〜30μm。赤色の眼点をもち,体の前方にある2本の鞭毛で運動する。鞭毛の基部の2個の収縮胞で排出。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クラミドモナス【Chlamydomonas】

ボルボックス目クラミドモナス科の単細胞緑藻の1属。卵形で大きさは10~30μmのものが多い。先端の乳頭状突起の基部から等長の2本の鞭毛をだし,これで泳ぐ。細胞内には1個の核,葉緑体およびピレノイドがあり,体制と細胞構造から,この属の生物は緑色植物の祖先型に近いものとする考えがある。種類数が多く,記載種は100以上に及ぶ。世界各地の池,湖沼,水田,水たまりなどに生育するが,また雪中に生育するものもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

クラミドモナス【Chlamydomonas】

緑藻類オオヒゲマワリ目に属し、単細胞生活をする淡水藻。体は卵形で、長さ20ミクロン程度の種が多い。明瞭な二本の鞭毛べんもうを有し活発に遊泳する。コップ状の葉緑体をもつ。プランクトン生活をする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラミドモナス
くらみどもなす
[学]Chlamydomonas

緑藻植物、クラミドモナス科のプランクトン性淡水藻。鮮緑色で、細長いイチゴの実を小形にしたような形状で、長い2本の鞭毛(べんもう)をもち、遊泳性のある単細胞藻。ときには鞭毛を失って不動の球体となるが、不動期でも、以前からもっている赤色の眼点をもち続け、さらに大きさも15~30マイクロメートルくらいとなるので、眼点をもたない小さいクロレラなどとは区別できる。各地の淡水池中に普遍的に発生するプランクトン性藻で、冬季以外は、いつでも出現する。
 クラミドモナスは、体が縦に分裂して2個体になるという無性生殖で急速に殖えていくが、ごくまれに、2個体の合体による有性生殖も行う。この際、形態的には雌雄の識別ができない個体間で行われるため、かつてはある種の化学物質によって人工的に雌か雄かにすることができるという説も生まれた。しかしその後の研究で、それほど単純なものではないとの異説が出され、なお検討が続けられている。[新崎盛敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クラミドモナスの関連キーワードアカヒゲムシ(赤鬚虫)チャネルロドプシン2植物性鞭毛虫類微生物遺伝学ヘマトクロム単細胞生物同形配偶子染色体地図異型接合緑藻植物原生動物同型接合アオコ配偶子水の華赤雪

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android