コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリハラン

3件 の用語解説(クリハランの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クリハラン

本州南部〜沖縄,東アジアの林下などにはえるウラボシ科の常緑シダ。地中に太い針金状の地下茎が長くのび,葉がまばらに出る。葉は長楕円形で,長さ30〜60cm,柄が長く,濃緑色で,網状の葉脈が見える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

クリハラン【Neocheiropteris ensata (Thunb.) Ching】

ウラボシ科の常緑多年生シダ植物。根茎は径3~5mmで長く,岩上や地中をはう。葉は長楕円形から三角状披針形,下部は葉軸に流れ,長さ15~50cm,ほぼ同長の葉柄がある。主側脈は暗色で,はっきり見え,クリの葉に印象が似ているので,この名がある。胞子囊群は,大きな葉では中肋の両側に2~4列不規則にならび,円形もしくは楕円形,時に合体して線形に近づく。包膜はないが,若い時は楯形の鱗片におおわれる。胞子は黄色で,冬に熟す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クリハラン
くりはらん / 栗葉蘭
[学]Neocheiropteris ensata (Thunb.) Ching

ウラボシ科の常緑性シダ。太い針金状の根茎から葉をまばらに出す。葉は長柄をもち、葉身は長楕円(ちょうだえん)形で、先のとがった単葉は、黒ずんだ緑色。縁は多少ともうねる。中脈、側脈がよくみえるが、網状結合する細脈はみえない。胞子嚢(ほうしのう)群は中脈の両側に1~2列にまばらにつく。分布は関東以西の暖地で、林内に生育。近縁のヌカボシクリハランMicrosorium buergerianumは、クリハランよりやや小形で、胞子嚢群は裏面一面に散在。ヤノネシダN. subhastataは葉身は長三角状で、胞子嚢群は不規則に散在する。[西田 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クリハランの関連キーワード一葉岩沢瀉箱根羊歯麋角羊歯ビロード羊歯豆蔦万年杉栗葉蘭軒忍三手裏星

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone