コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルメサヨリ Hemiramphus kurumeus

世界大百科事典 第2版の解説

クルメサヨリ【Hemiramphus kurumeus】

ダツ目サヨリ科の魚。体は細長く,下あごがくちばしとなって上あごの前方に長く突出する。このためこの仲間を英語ではhalf beakと呼ぶ。ただし,このくちばしがなんの役に立つのかよくわかっていない。腹部は銀白色うろこはないが,背部は青緑色でうろこに覆われる。海産のサヨリに似ており,しばしば混同されるが,脊椎骨数や1列のうろこ数が少なく,しりびれがやや後方に位置する点で異なり,全長も約20cmどまりで小さい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クルメサヨリ
くるめさより / 久留米細魚
[学]Hyporhamphus intermedius

硬骨魚綱ダツ目サヨリ科に属する淡水魚。霞ヶ浦(かすみがうら)以南の南日本から朝鮮半島、中国大陸に分布。主として川の下流域にみられ、全長20センチメートルになる。体は細長く、下顎(かがく)がくちばし状に伸びる。九州北部の筑後(ちくご)川では夜間に灯火に集まったところを網で漁獲。最近、河川の汚染とともに全国的に著しく少なくなっている。海産のサヨリに似ているが、脊椎骨(せきついこつ)数が48~54と少ないこと(サヨリでは59~63)で区別される。食用になり、吸い物やてんぷらなどに利用。[吉野哲夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android