コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレア Clare, John

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレア
Clare, John

[生]1793.7.13. ノーサンプトンシャー,ヘルプストン
[没]1864.5.20. ノーサンプトン
イギリスの詩人。「ノーサンプトンシャーの貧農詩人」と自称した。貧しい家庭に生れ正規の教育はほとんど受けなかったが,幼少の頃から旺盛な読書欲を示した。 1808年,J.トムソンの『四季』を読んで詩人を志した。 20年最初の詩集『田園の生活と風景』 Poems Descriptive of Rural Life and Sceneryを出版。同年ロンドンに出て多くの文人と知合った。貧困のため憂鬱症が高じて,37年エッピング・フォレストの精神病院に入院,41年ノーサンプトンの病院に移り,ここで死ぬまでの 23年間を過した。作品は『村の吟遊詩人』 The Village Minstrel (1821) ,『牧人の暦』 The Shepherd's Calendar (27) ,『田舎の詩神』 The Rural Muse (35) など。純粋な自然詩のうちに独自の抒情性が見出される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タレントデータバンクの解説

クレア


芸名
クレア

性別
女性

生年月日
1995/11/23

星座
いて座

干支
亥年

血液型
O

出身地
東京都

身長
167cm

靴のサイズ
24.5cm

職種
モデル

趣味・特技
ギター/英語(ネイティブ)/陸上

プロフィール
イギリスと日本のハーフ。モデルとして、雑誌、スチール、カタログなどで活躍している。主な出演作品に、雑誌『ディズニーファン』『アリス・デコ』『森ガールValon』、スチール『コカ・コーラ「無糖茶」』『リクルート「新卒」』、カタログ『NOZOMI ISHIGURO「09 SPRING&SUMMER」』『フェリシモ「haco.」』など。趣味はギター、特技はネイティブ英語。

代表作品
雑誌『ディズニーファン』 / 雑誌『MENS NON-NO』 / 雑誌『anan』

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クレア【John Clare】

1793‐1864
イギリスの農民詩人。イングランド中部ノーサンプトンシャーの生れ。父は農場労働者で教区の金銭的援助を受けていた。生活は不如意で,7歳のとき以来,家畜番,庭師民兵など,仕事を転々としたが,病弱ながら感受性の鋭いクレアは,独力で早熟な才能を開発した。1817年に処女詩集を自費出版。これがキーツの出版者ジョン・テーラーの目にとまり,《田舎の生活風景を叙する詩》(1820)を出版。以後,《村の吟遊詩人その他の作品》(1821),《羊飼いの暦》(1827),《田舎詩人》(1835)と続く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレア
くれあ
John Clare
(1793―1864)

イギリスの詩人。貧しい農民の子に生まれ、7歳のときから畑仕事に追われ正規の教育も受けず育つ。早熟で早くから詩に興味を抱き、J・トムソンの『四季』に触れて詩的開眼を得た。貧窮と精神病に苦しみながら、珠玉の叙情詩を発表し、「ノーサンプトンシャーの農民詩人」と称された。『田園の生活と風景』(1820)、『村の詩人』(1821)などがある。[早乙女忠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クレアの関連キーワードクレアチンホスホキナーゼアンジェラ 15歳の日々クレアチンリン酸化酵素イオンモール熊本クレア寒い国から帰ったスパイセント・クレア[湖]ゲイリー フォスターD. リンデン・ベルデザレー クストーロッド スタイガー不思議な世界の物語クレアチンキナーゼターミネーター3ヒューロン[湖]クレアチンリン酸Homelandアーウィーの洞窟カナリヤ殺人事件アウトランダーリチャード三世

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クレアの関連情報