コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレシーの戦い クレシーのたたかいBattle of Crécy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレシーの戦い
クレシーのたたかい
Battle of Crécy

1346年8月 26日,北フランス,クレシー付近で,国王エドワード3世指揮下のイングランド軍が,フランス王フィリップ6世の軍を撃破した戦闘。王の長男エドワード (黒太子) がイングランド軍の直接の指揮をとり,主力をなす長弓隊がフランス封建騎士軍に壊滅的打撃を与えた。これに次ぐ9月4日のカレー攻略とともに,百年戦争前期の重要な戦闘。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレシーの戦い
くれしーのたたかい

百年戦争下、1346年北フランスのクレシーCrcyで行われたイングランド王軍とフランス王軍との戦い。スロイスの海戦に勝って英仏海峡を制圧したイングランド王エドワード3世は、同年夏、兵をノルマンディーに入れた。騎士隊4000、歩兵1万であった。ノルマンディーを劫掠(こうりゃく)し、カーンを占領したのち、セーヌ川沿いにパリに向かった。これを迎えてフランス王フィリップ6世は、数倍の規模の軍勢を集める。エドワードはパリ直前で回頭し、北西の方向に転進する。これをフランス王軍が追う形となり、8月26日ソンム川を越えたところで追い付いた。海岸から50キロメートルほど入ったピカルディーのクレシーの原である。フランス王軍は、領主貴族の提供する重装騎士隊の集合の観があり、指揮系統が整わず、諸都市の提供した歩兵隊もその機動性をそがれた。これに対し、イングランド王軍はいち早く有利な陣型を整えて、弓隊と槍(やり)隊を前面に配置し、突進してくる重装騎士を倒した。フィリップは用兵において敗れ、騎士4000を失った。エドワードはその後カレーを占領し、大陸への橋頭堡(ほ)とした。[堀越孝一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クレシーの戦いの関連キーワードヨハン[ルクセンブルク家]ネビルズクロスの戦いエドワード(黒太子)イギリス史(年表)エドワード(3世)スタッフォード家ノルマンディー

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android