コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレソン 〈フランス〉cresson

デジタル大辞泉の解説

クレソン(〈フランス〉cresson)

アブラナ科の多年草。茎の下部は水中をはい、葉は羽状複葉で、互生。春、白色の小花を開く。全体に辛みがあり、生食する。ヨーロッパの原産で、日本には明治初期に移入。オランダ芥子(からし)。みずがらし。ウオータークレス 春》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

クレソン

ウォータークレス,オランダガラシとも。アブラナ科の水生多年草。ヨーロッパ原産で明治初期に渡来。水底の土に根をはり,流水に浮かんで生育する。全草やわらかく,高さ20〜50cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

クレソン

 [Rorippa nasturtium-aquacticum],[Nasturtium officinale].ウォータークレス,オランダガラシ,ミズガラシなどともいう.フウチョウソウ目アブラナ科イヌガラシ属の多年草.サラダなどに用いる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

食の医学館の解説

クレソン

《栄養と働き&調理のポイント》


 ヨーロッパ原産の水生植物で、ミズカラシ、オランダガラシともいいます。
 わが国には明治時代の初めに西洋野菜として入ってきました。
 1年中出回っていますが、自生のクレソンが収穫できるのは初夏で、8~10cmくらいのものが風味があって歯触りもいいとされています。
○栄養成分としての働き
 ピリッとした辛みがありますが、これはワサビなどと同じシニグリンという成分によるものです。この成分は食欲増進、胃もたれ解消の効果があります。
 シニグリンは、肉の脂肪の消化を高める働きをするので、おもにステーキやローストビーフなどの肉料理の付け合わせに用いられるのも、理にかなっているといえるのです。
 また、カロテン、ビタミンC、カルシウム、鉄分が豊富で血液をきれいにしたり、強壮効果があります。貧血症の人や、肉食にかたよりがちな人は意識して食べるようにするといいでしょう。
 ニコチンの毒を消す強力な解毒作用があるともいわれるので、ヘビースモーカーの人にもおすすめです。
 基本的には生のまま、サラダなどに用いて食べますが、さっとゆでて和えものにしてもおいしく食べられます。生のまま食べるときは、太くてかたい茎の部分は除いて調理するのがポイントです。また、茎ごとざく切りして、ゴマ油で炒(いた)めても。

出典|小学館食の医学館について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クレソン【cresson[フランス]】

アブラナ科の多年生水生植物で,ウォータークレスwatercress,オランダガラシ,ミズガラシ,クレッソンともいう。ヨーロッパの原産で,日本には1870‐71年に渡来し,急流の川岸,緩流の小川に群生し,野生化している。茎は軟らかく,下部はやや水平に,上部は斜め,または直立して伸び,50cmに達する。茎の各節から容易に発根するので挿苗による繁殖が一般に行われている。葉は羽状複葉,互生していて濃緑色であるが,冬はやや褐色をおびる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

クレソン【cresson】

アブラナ科の多年草。ヨーロッパ原産。明治初期に渡来して水辺の湿地に自生し、また野菜として栽培される。高さ30~60センチメートル。葉は卵形の小葉数対からなる羽状複葉。若苗は辛みがあり、料理に添える。オランダ芥子がらし

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレソン

オランダガラシ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレソン
くれそん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

クレソン[葉茎菜類]
くれそん

北陸甲信越地方、山梨県の地域ブランド。
主に南都留郡道志村などで生産されている。クレソンが日本に渡来したのは明治時代といわれているが、南都留地域では1973(昭和49)年頃、道志村には1978(昭和53)年に導入された。現在は道志村が中心となり、出荷量は全国一である。山梨県のクレソン栽培は夏におこなわれ、10月から12月下旬頃出荷される。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

世界大百科事典内のクレソンの言及

【アブラナ(油菜)】より

…若葉や花序はカラシナ特有の辛みがあり,漬物にするとおいしい。(2)オランダガラシNasturtium officinale R.Br. ヨーロッパ原産。栽培品はクレソンの名でサラダや,肉料理の添えものに広く利用されている。…

【ビーフステーキ】より

…これは前述のトルヌードを揚げた薄切りパンの上に置き,上にフォアグラとトリュフを添えるものである。
[付合せとソース]
 付合せとして最も一般的なのは,フライドポテトとクレソンである。このほかニンジンのグラッセ,インゲンのバターいため,ホウレンソウのクリーム煮など,温かく調理したものを添えるのがふつうである。…

※「クレソン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クレソンの関連キーワードヒューム(David Hume)ハーブ・スパイスの種類山梨県南都留郡道志村J. フェラホットドッグビタミンKビタミンC道志[村]カナッペ耶蘇芹野菜類ハーブグリル若苗洋菜

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クレソンの関連情報