コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレロー クレローClairaut, Alexis-Claude

2件 の用語解説(クレローの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレロー
クレロー
Clairaut, Alexis-Claude

[生]1713.5.7. パリ
[没]1765.5.17. パリ
フランスの数学者,物理学者。父は数学教師。 12歳でパリ科学アカデミーにおいて数学の論文を発表するという天才ぶりを発揮。 1731年アカデミー会員に選ばれ,その後多くの国のアカデミー会員となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クレロー
くれろー
Alexis-Claude Clairaut
(1713―1765)

フランスの数学者、天体力学者。早くから数学に才能を示し、三次元空間の曲線についての研究が認められて、18歳でパリの科学アカデミー会員に選ばれた。1736年モーペルチュイらとともにラップランドへ遠征、地球上の緯度1度の距離を測定した。観測の結果から、ラップランドではパリ近傍よりも1度の距離が長いことがわかった。すなわち、地球は両極付近で平たくなっている、というニュートンの説の正しさが示された。クレローはこの結果に基づいて、1743年『流体静力学の原理から導かれた地球形状の理論』を出版し、地球形状についての論争にピリオドを打った。
 またニュートン力学を天体の軌道の計算に応用する際に遭遇する三体問題の近似解にも努力し、実際に太陽・月・地球に応用して月の軌道を計算し、さらに運行表を作成した。ついでハリー彗星(すいせい)にも適用し、木星と土星の引力の影響を考慮して、近日点通過を1759年4月中ごろ、誤差約1か月と計算した。ハリー彗星が実際に3月13日に近日点を通過したことにより、ニュートン力学の正しさは万人の認めるところとなり、後のラプラスに代表される天体力学の発展の基礎づけがなされた。また数学教育にも関心を示し、幾何学と算数の教科書を執筆しており、ニュートンの『プリンキピア』のフランス語訳にも寄与した。[吉田 晃]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クレローの関連キーワード中野碩翁狩野常信采覧異言ジブラルタルディドロ日本新永代蔵The Reviewアン女王戦争岩室[温泉]大橋宗桂

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone